風俗における完全自由出勤制の意味

未分類

女性向けの風俗求人広告には、「自由出勤」や「完全自由出勤」という宣伝文句が良く記載されています。
風俗求人に関心のある女性にとって、自由出勤と完全自由出勤がどう違うのか、気になるはずです。
基本的に、完全自由出勤は自由出勤とほとんど同じ意味合いで使われています。

これは、「いつでも自由に休める」という意味ではなく、「自由に出勤シフトを組める」という意味です。
ただ、完全自由出勤の方が自由な範囲が広く、より出勤シフトを自由に組め場合があります。
そこで、バイトや副業などで風俗勤務したい女性にとって完全自由出勤制の方が働きやすくなっています。
ここでは、風俗勤務に関心のある女性のために、完全自由出勤制の特徴について、詳しく紹介させて頂きます。

風俗における自由出勤制の意味とは

風俗業界で働く風俗嬢は、風俗店に雇用された従業員という立場ではありません。
風俗嬢は風俗店からお仕事を斡旋され、それを個人で請け負うという立場です。
風俗嬢は個人事業主という立場なので、働き方としては芸能人に近い感じです。

そこで、風俗嬢の出勤シフトについては通常のバイトのように固定される事はなく、女性の意志で自由に組めるようになっています。
完全自由出勤制の意味を確かめる前に、自由出勤制の内容について確かめておきましょう。

風俗では出勤シフトを自由に組める

ほとんどの風俗店では自由出勤制が導入されています。

これは、自由に出勤できるという意味に取れますが、実際は、女性の都合に合わせて自由に出勤シフトの希望が出せる、という意味合いです。
通常のバイトやパートで接客業をしていると、土日には出勤しなければならない、とか、出勤日に最低4時間は勤務しなければならない、というような様々な制約がついています。
さらに、出勤日の曜日と時間が固定していて、お休みを取りたくても休めない、という場合も良くあります。
でも、風俗では違います。

自由出勤制では、出勤すべき曜日や時間が固定していないので、休みたい時には出勤予定を自由に減らせるのです。
このように女性が自分の意志で出勤スケジュールを決めやすい、というのが風俗における自由出勤制の特徴となっています。

出勤希望が無条件に認められるわけではない

店舗型風俗店には、個室という物理的な制約があります。

個室数を超えて風俗嬢を出勤させる事はできないので、事前に風俗嬢の出勤希望を聞き、調整した上で出勤シフトを決定します。
多くの場合、女性の希望通りに出勤スケジュールは決められますが、所属風俗嬢の数が多い店舗型風俗店の繁盛店だと、希望通りに認められない場合もあります。
これは物理的な制約によるものなので、我慢しなければなりません。
その一方、無店舗型風俗店のデリヘルやホテヘルではスケジュール調整は緩めです。

基本的に風俗嬢が提出した出勤希望については無制限に認められます
できるだけたくさん出勤したいという女性は、女性は無店舗型風俗店に所属すると良いでしょう。

勝手にお休みできる訳ではない

自由出勤制と聞くと、いつでも好きな時に出勤でき、いつでも好きな時に休める、と思われがちです。

でも、実際はそうではありません。
自由出勤制は自由に出勤シフトの希望が出せる、という意味なので、確定した出勤シフトについては、原則として守らなければなりません。
風俗嬢の出勤スケジュールは男性客に対してホームページで公開されています。
1週間前に出勤スケジュールを公開する風俗店が多く、男性客はこのスケジュールに沿って風俗利用を計画します。

そして、男性客はお気に入りの風俗嬢に対して指名の予約を入れてきます。
勝手に風俗嬢がお休みしてしまうと、この指名を入れた男性客に対して接客できなくなってしまいます
せっかく、男性客が仕事の休みに合わせてお金を作り指名を入れてくれたのに、突然、風俗嬢がお休みしてしまっては風俗店の営業が難しくなってしまいます。
さらに、風俗嬢も指名客が取れなくなって、稼げなくなります。

そこで、風俗では確定した出勤スケジュールは守ることが求められ、突然休むことは許されないのです。

無断欠勤は許されない

連絡なく風俗嬢がお休みしてしまうと、指名の予約を入れた男性客に迷惑がかかります。
顧客に迷惑を掛けるのはサービス業ではご法度なので、自由が尊重される風俗業界でも無断欠勤は許されません。

一方、体調不良や子供の病気といったトラブルで突然、風俗嬢が休む場合も考えられます。
このような際には、とにかく風俗店に連絡を入れなければなりません。
指名客の受付を止めるためです。
出勤日に連絡を入れてお仕事をお休みする、当日欠勤については無断欠勤ほど厳しく対処されません。

また、前日までに連絡を入れれば出勤日を別の日に振り返られるお店もあり、出勤スケジュールの変更についてはお店によって対応が違います。
いずれにしても無断欠勤はどのお店もでも許されませんが、それ以外の出勤ルールについては、お店の運営方針によって異なります。
出勤ルールについては、面接時に店長へ尋ねて確認してみると良いでしょう。

風俗における完全自由出勤制の意味

自由出勤制は、「女性が自由に出勤シフトの希望を提出できる」という意味でした。
一方、完全自由出勤制では、自由出勤制よりも自由の範囲が広がります。
ただ、完全自由出勤制でも無断欠勤はNGとされており、確定した出勤スケジュールについては守らなければなりません。

予定外の出勤を認める場合が多い

店舗型風俗店では、自由出勤制でも個室数の問題があるので、突然、出勤することはできない場合が大半です。
でも、完全自由出勤制では、風俗嬢がオフの日でも突然、出勤することが許される場合があります。
この突然の出勤を認める事が、自由出勤制と完全自由出勤制の違いとされています。
完全自由出勤制は個室の問題がないデリヘル店で多く導入されており、女性の気分次第で出勤できるのが大きなメリットなのです。

出勤希望の段階ではたくさんの休日を入れておき、暇な時や、お金が欲しくなった時に突然出勤する、というわがままな出勤スタイルが可能になるのです。
もちろん、突然の出勤が認められるとしても、その日にお店に連絡を入れる必要があります。
男性客の指名を受けるために、女性の稼働状態を出勤に変えてもらう必要があるからです。

完全自由出勤制ではレア出勤がしやすい

自由出勤制のお店の多くでは、「シフトは自由に組めるけど、最低週に1度は出勤が必要」というように、最低出勤数が定められている場合があります。
これは、所属風俗嬢の数が少ない店舗型風俗店に多い例で、店舗型風俗店では個室を空にしておくことができないので最低出勤数を定めることで、風俗嬢の出勤を求めているのです。
また、多くの風俗嬢が常時出勤している方が風俗店の売上が見込めるので、風俗嬢の出勤を促す意味で、最低出勤数を定める風俗店もあります。
ここで、完全自由出勤制の風俗店では、このような最低出勤数の定めがありません。

たとえば、月1程度の出勤でも問題とされないので、月のほとんどを休みにできます。
風俗ではめったに出勤しない事を、レア出勤やプレミア出勤と言いますが、完全自由出勤制のお店はレア出勤やプレミア出勤に向いています。
本当にお金が必要な時だけバイト感覚で働けるのが、完全自由出勤制の風俗店の良い点です。
休みたいだけ休みを取ることができ、必要な時だけ突然でも出勤が許されるので、学生やOLなど短期限定の風俗バイトをしたい女性に最適です。

完全自由出勤制でも無断欠勤はNG

自由な出勤スタイルを選択しやすいのが完全自由出勤制ですが、連絡なくお店を休む無断欠勤はNGとされています。
これは、風俗店には指名があり、風俗嬢が無断欠勤すると、お客さんに迷惑がかかってしまうからです。
風俗店では、風俗嬢の出勤前に指名予約を受け付けます。

通常、風俗店の開店時間から指名予約を受け付けており、風俗嬢が休む連絡を入れなければ、指名の受付は止まりません。
そこで、完全自由出勤制でも、無断欠勤は許されないのです。
完全自由出勤制のお店であってもお客さんあっての風俗のお仕事なので、確定した出勤スケジュールについては守らなければなりません。

完全自由出勤制で働きたいならデリヘルを選ぼう

最低出勤数について定めがなく、いくらでも自由にお休みを入れられる風俗店は派遣型風俗店に限ります。
個室の問題がある店舗型風俗店は、派遣型ほど柔軟な出勤スタイルは選べません。
そこで、より自由な完全自由出勤制で働きたいなら、デリヘルがおすすめです。
デリヘルは男性宅やラブホテルで接客するので個室の問題がなく、突然の出勤希望にも柔軟に対応してもらえます。

さらに、いくら所属風俗嬢の数が多くても出勤シフトを調整する必要がないので、出勤希望が無条件に叶えられます。
そして、デリヘルは店舗型風俗店に比べて出勤ルールについても厳しくありません
高級デリヘルは厳し目ですが一般的な大衆店レベルであれば、無断欠勤は許されないものの、連絡さえ入れれば体調不良で当日欠勤するのを許してくれたり、前日までに連絡を入れれれば出勤シフトの変更が簡単だったりします。
出勤のしやすさ、自由さにおいてデリヘルは他ジャンルの風俗店より優れており、完全自由出勤制なお店のほとんどがデリヘルです。

デリヘルならより自由な出勤スタイルを選択できるので、特に、副業で風俗勤務を検討する女性におすすめです。

まとめ

風俗店の多くは自由出勤制が導入されていますが、中には完全自由出勤制とされているお店もあります。
基本的に自由出勤制も完全自由出勤制も、出勤シフトを女性の希望に添って決められるお店です。

風俗嬢は出勤スケジュールを自分の意志で決められます。
ただし、確定した出勤スケジュールについては守らなければならず、無断欠勤はNGです。
ただ、完全自由出勤制では、オフの日に突然出勤する事が許されたり、出勤日数にノルマがなく、無制限にお休みを入れられる場合があります。
自由出勤制より完全自由出勤制の方がより自由なので、月に1日だけ出勤するようなレア出勤も可能です。

完全自由出勤制の風俗店はデリヘルに多く、学生やOLが副業として風俗でバイトする際に最適です。

コメント