一般的な水商売と風俗業の違いについて

未分類

水商売はお金を稼ぎたい女性に最適なお仕事の1つです。
ただ、一口に水商売といっても様々なジャンルのお店が営業しており、同じ水商売でも風俗とキャバクラには大きな違いがあります。
ここでは、風俗業とキャバクラの違いを解説しながら、水商売の特徴について説明したいと思います。

水商売には様々なジャンルのお店がある

水商売には、華やかな衣装を着た女性が男性を接待するというイメージがつきものです。
ただ、水商売は幅広いジャンルに分かれていて、所属するお店によってサービスや稼ぎ方は違います
水商売と言っても、選択するお店によって求められるサービスは異なるので、混同してはいけません。

性的接触があるのが風俗業

風俗業は男性客を性的に満足させるタイプのお店です。
サービス内容は風俗店の業種によって異なりますが、男性を性的にフィニッシュさせる事が求められます。
ソープやデリヘルだと女性キャストは全裸になって男性客にサービス提供します。

一方、メンズエステやオナヘルであれば全裸になる必要はなく、ハンドサービスで男性客にサービスします。
身体的な接触がある分、お給料が高いのが風俗業の大きな特徴です。
ただし、お給料は歩合制で支払われます
風俗は歩合制とされているため、指名ノルマがなく、罰金制度もありません。

風俗では身体の魅力で男性客を誘惑できるので、コミュニケーションが苦手な女性でも稼げます

身体的接触がないのが接待型飲食店のキャバクラ

水商売で最もイメージしやすいのがキャバクラです。
キャバクラは接待型飲食店に分類され、男性客と女性キャストの間に身体的な接触はありません。

来店した男性客をお酒と会話でもてなし、楽しい一時を過ごしてもらうというコンセプトのお店です。
風俗とは異なりキャバクラは時給制です。
時給制なので勤務時間に応じて稼げますが、指名が取れないキャバクラ嬢にも給料が発生するためキャバクラでは指名ノルマが課されます。
そして、ノルマが達成できないキャバ嬢は罰金が科され、お給料が減額されてしまいます。

また、お客さんが少ない時には人気のないキャバ嬢が、早上がりの対象になって強制的に早退させられます。
指名が取れないキャバ嬢はなかなか出勤できず、稼げなくなるのです。
キャバクラでは身体的な接触がない分、キャバ嬢は色仕掛けで男性客を誘惑しなれず、コミュニケーション能力や容姿レベルの高さが求められます。

セクキャバのような新しいタイプのお店もある

現在は新しいタイプの水商売のお店も誕生しており、セクキャバのようなお店もあります。
セクキャバは風俗とキャバクラの中間に位置するようなタイプのお店です。
セクキャバでは、男性客が女性キャストにお触りできます。
ただ、お触りできると言っても、男性客が女性キャストに胸に触れ、キスできるという程度まで抑えられています。

男性客が女性キャストの下半身に触れる事は許されず、女性キャストは男性客に触れる必要はありません。
セクキャバでは女性キャストが男性客を性的にフィニッシュさせる必要はありません。
セクキャバもキャバクラと同様に時給制とされています。
ただ、お触り有りなので指名ノルマや罰金がない場合も多く、キャバクラに比べると過酷な指名ノルマに苦しめられる事はありません

女性の適性により稼ぎやすさは異なる

水商売のお店は様々なジャンルに分かれており、稼ぐためには女性に適したお店を選択しなければなりません。
誰でも覚悟さえ固めれば稼ぎやすいのは風俗業界となっています。

トップランカーが稼げるのがキャバクラ

キャバクラは華やかな世界ですが、一方で競争が熾烈です。
指名獲得数を競ってキャバ嬢が過酷な競争を強いられる世界で、稼げる女性と稼げない女性の差は大きくなっています。
指名が取れないキャバ嬢は罰金が科されてお給料が減額されるので、どんどん稼げなくなっていきます。
さらに、指名を取るための営業活動も求められ、空き時間には電話やメールで男性客に連絡をいれなければなりません。

キャバクラでは、指名獲得数が多いトップランカーになると多くの指名料と高いお給料で稼げます。
ただトップランカーにまで上り詰めるのが大変です。

多くの女性が稼げるのが風俗

風俗はキャバクラのような熾烈な競争環境にはありません。

指名ノルマと罰金がないため、指名があまり取れない風俗嬢でも気楽な勤務が可能です。
また、営業活動する必要もなく、少ないプレッシャーの中で働けます。
ただ、風俗では身体的な負担が生じます
その身体的な負担を耐える事が必要で、頑張れる女性であれば稼げます。

女性の覚悟と頑張り次第で稼げるのが風俗の大きな特徴となっているのです。

まとめ

水商売は風俗業とキャバクラのような接待型の飲食店に分類できます。
風俗業には身体的な接触があり、女性キャストは男性客を性的にフィニッシュさせる事が求められます。

身体的な負担が重い分、高いお給料が受け取れるのが大きな特徴で、女性のやる気と根性で稼いでいけるお店です。
一方、接待型飲食店のキャバクラは、稼げる女性と稼げない女性の差が大きなお店です。
キャバクラは時給制なので勤務時間に応じて稼げると思われがちですが、罰金が科されたり、はや上がりの対象にされたりして、時給が減額されてしまいます。
ランカーは指名料と高いお給料で稼げますが、指名が取れない女性にとってキャバクラは厳しくなっています。

女性のやる気と頑張りで稼げるのが風俗であるのに対し、キャバクラで成功するには容姿レベルの高さと客引きの能力が必要となってくるのです。

コメント