完全自由出勤制の風俗店なら、本当に自由に休めるの?

未分類

風俗店の中には、完全自由出勤制を宣伝文句に求人広告を出しているお店があります。
完全自由出勤と聞くと、好き勝手にお仕事を休めるようなイメージを受けますが、本当に自由に休めるのか疑問に感じられるものです。
実際は、お客さんに対して接客する関係から、完全自由出勤制であっても確定した出勤シフトを破って好き勝手に休むことはできません。

ただ、出勤シフトを入れていない日に突然出勤する事は許されるため、自由な出勤は可能です。
ここでは、風俗における完全自由出勤制の内容について詳しく解説し、風俗業界で自由に働くための方法について説明させて頂きます。

風俗における完全自由出勤制とは

完全自由出勤制とされている風俗店でも、風俗嬢が自由勝手にお休みできる訳ではありません。

風俗では指名制度があり、風俗嬢が勝手にお休みしてしまうと指名客に迷惑がかかってしまうからです。
ただ、完全自由出勤制であればお休みの日に出勤する事ができるため、出勤希望を入れずに出勤する事は可能となってきます。

自由出勤制でも自由に休める訳ではない

風俗業界では自由出勤制が導入されています。

この自由出勤制は、風俗嬢が自分の意志で出勤スケジュールを組める、という意味です。
バイトや契約社員として働く場合、曜日や時間帯で出勤シフトが固定化されており、休みたい時に休むのは難しくなっています。
さらに、バイトでも週に最低8時間は出勤する、というような事が求められるため、自由な出勤は困難です。
でも、風俗では女性の意志で出勤スケジュールを決定できます。

出勤希望を提出する段階でお休みしたいなら、無理に出勤日を入れなくて大丈夫なのです。
風俗なら長期休暇を自由に取ることができるため、お金に困っていないなら無理に働く必要はありません。
出勤を強要されることなく、女性の意志で出勤日を決定できるという点が、自由出勤制の風俗の良い所です。

無断欠勤については許されない

自由出勤制の風俗では、風俗嬢が自分で提出した出勤スケジュールに基づき、出勤シフトが決定します。
この出勤シフトは風俗嬢と風俗店の約束なので、風俗嬢は守らなければなりません。
特に、問題とされるのは、連絡なく勝手に風俗嬢がお仕事をお休みする無断欠勤についてです。
無断欠勤については、完全自由出勤制の風俗店であっても許されない、と考えるべきです。

風俗のお仕事は、男性客から指名を受けて風俗嬢がサービス提供するスタイルで行われます。
ここで、風俗嬢が無断欠勤すると、指名客に対してサービス提供ができなくなってしまいます
接客業にとって最も大切なお客さんに対して迷惑をかける行為となってしまうため、自由が尊重させる風俗であっても無断欠勤については許されないのです。
また、風俗嬢が無断欠勤する場合、風俗店のスタッフは風俗嬢がお休みする事を知りません。

そこで、スタッフから風俗嬢に連絡を入れる必要が出てきて無駄な業務が増えてしまいます。
風俗嬢の無断欠勤は風俗店の業務を増やしてしまうため、許されないのです。
完全自由出勤制であっても連絡なくお仕事をお休みする事はできません。
やむを得ない理由でお休みする場合でも、必ず風俗店に連絡を入れるように心がけましょう

当日欠勤の厳しさについては風俗店によって異なる

出勤日に連絡を入れて突然お休みする、当日欠勤についての取り扱いについては風俗店によって異なります。
基本的に指名の予約受付が開始されるオープン時間までに連絡を入れる必要がありますが、当日の朝までに連絡を入れれば自由にお休みできる風俗店もあれば、無断欠勤と同じように取り扱われて厳しく対処される風俗店もあります。
一般的に風俗業界では、店舗型風俗店の方が派遣型風俗店よりも出勤ルールに厳しい傾向があります。

そして、風俗店のグレードが高い高級店は出勤ルールに厳しく、当日欠勤も簡単にはできません。
当日欠勤についての取り扱いは風俗店の経営方針や店長の考え方によって違うため、入店前の面接で詳しい出勤ルールについて確認するよう心がけましょう。

出勤するのが自由と考えるべき

風俗には「自由出勤制」のお店と「完全自由出勤制」のお店があります。

本質的には両者はあまり大きな違いはありません。
ただ、完全自由出勤制のお店の方が自由度が高く、出勤シフトが入っていないお休みの日に、突然の出勤が許さされる傾向が高くなっています。
突然の出勤が許されるのは派遣型のデリヘルで多くなっています。
完全自由出勤制のデリヘルであれば、出勤シフトのほとんどを空白の状態にしておき、働きたい日だけお店に連絡してお仕事する、という働き方が可能となります。

この、働きたい日だけ連絡をいれてお仕事を取る働き方ができるのが風俗における完全自由出勤制の大きな特徴です。
もともと出勤予定を入れておかなければ、無断欠勤や当日欠勤の問題は発生しません
出勤予定は入れず、暇な時やお金が欲しい時だけ風俗店に連絡し、稼げば良いのです。
このように、出勤予定を入れずに稼ぎたい時だけ連絡して働くスタイルで稼げるのが、完全自由出勤制の良いところです。

風俗で自由に働きたい場合の注意点

突然の出勤が許される完全自由出勤制の風俗店であれば、好きな時に限って出勤して稼ぐ事が可能です。
学生やOLなど定職のある女性におすすめな稼ぎ方で、忙しい女性でも問題なく風俗で稼いでいけます。
突然の出勤が認められる風俗店はデリヘルに多いので、自由に働きたい場合にはデリヘルの求人に申し込むと良いでしょう。

デリヘルの求人に申し込む

風俗店は店舗型風俗店と派遣型風俗店に分けられます。
店舗型風俗店では個室を風俗嬢に割り当てる必要があり、出勤シフトが入っていない女性が突然出勤するのは難しい場合があります。
個室が埋まっていると、物理的に出勤させる事ができないからです。

一方、ラブホテルや男性宅で接客するデリヘルであれば個室の問題がないため、急に出勤しやすくなっています。
働きたい時だけ連絡して出勤する完全自由出勤制で稼ぎたいなら、派遣型のデリヘルを選択しましょう。

面接で出勤ルールを確認する

デリヘルは風俗の中で最も自由に出勤しやすいお店ですが、それでもお店ごとに出勤ルールは異なります

特に、高級デリヘルでは事前に出勤予定の提出がきちんと求められ、突然の出勤に対応できないという場合もあります。
自由に働きたいなら、事前の面接で詳しく出勤ルールについて確認しておきましょう
また、高級店を避けて大衆店レベルのデリヘルに応募した方が自由な環境で働くのに向いています。
突然の出勤が認められるデリヘルに所属すれば事実上の完全自由出勤制で働けます。

出勤予定を入れず、稼ぎたい日だけ連絡を入れる形で出勤すれば良いからです。
デリヘルであれば女性の意思に基づいて自由に働けるようになるのです。

まとめ

風俗店には、完全自由出勤制で働けるお店があります。

ただ、この完全自由出勤制でも事前に確定した出勤スケジュールは守らなければなりません。
無断欠勤すると指名予約を入れたお客さんに対して迷惑がかかるからです。
でも、完全自由出勤制のお店に所属し、出勤予定を入れずに働くやり方を選択すれば、自由な働き方が可能となります。
突然の出勤が許されるデリヘルで可能な働き方です。

暇な時やお金が欲しい時だけデリヘル店に連絡を入れ、その日だけ出勤状態にしてもらうのです。
こうすれば働きたい時だけ働ける、本当の意味での完全自由出勤制で働けるようになるのです。
学生やOLなど忙しい女性に向いた働き方なので、自由に風俗で働きたい女性は突然の出勤が許されるデリヘルの求人を探すと良いでしょう。

コメント