風俗における指名の重要性と指名料の種類

未分類

風俗を利用する多くの男性客は、特定の風俗嬢を予約して接客を受けます。
風俗ではこの予約の事を本指名と呼んでおり、指名するためには男性客は指名料を支払わなければなりません。
この指名料は風俗嬢のお給料として支払われるため、指名が取れる風俗嬢はいつも以上に稼げるようになります。

風俗では、この本指名以外にも様々な指名制度があり、稼いでいくためには指名の種類や指名料の金額、さらに指名の重要性を知る必要があります。
ここでは、風俗で指名の獲得が重要な理由や指名料の種類について、説明させて頂きます。

風俗における指名の種類

ほとんどの風俗店では指名制度が導入されています。

指名制度は男性客が特定の風俗嬢を予約するためのもので、美容院で担当美容師を予約するのと同じようなイメージです。
風俗では男性客が指名料を支払い、その指名料の全額が風俗嬢の手取りに含まれるのが基本です。
指名料は風俗嬢の稼ぎを大きくしてくれるため、指名の獲得は重要なのです。

本指名はリピートされる事

風俗店を利用する男性客は、複数回風俗店を利用しているうちにお気に入りの風俗嬢ができます。
お気に入り風俗嬢ができれば、当然その風俗嬢からもう一度接客を受けたいと思うようになります。
そんな男性客は、その風俗嬢の名前を告げて指名を入れてリピートします。
このリピートのための指名が本指名です。

本指名は風俗嬢が男性客から気に入られているという証拠となります。
本指名が受けられれば、定期的に指名予約が入る事になり、指名客さんから継続的に稼がせてもらえます。
本指名を得るために風俗嬢は初見客、フリー客に対して一生懸命サービスしなければなりません。
そして、接客の後には名刺を渡して風俗嬢の源氏名を覚えてもらう必要もあります。

男性客が本指名を入れる際には指名料が必要となります。
この指名料は風俗店のジャンルやランクによって高低差がありますが、2000円から5000円程度が相場です。
ただ、極めて人気の高い風俗嬢になると特別指名料として1万円程度の料金が設定される場合もあります。
風俗嬢の基本給に相当する基本バックは男性客が支払ったサービス料から構成され、サービス料の50%から70%ほどが風俗嬢の手取りとされます。

一方、指名料については100%が風俗嬢の手取りとされるのが普通です。
高級店のごく一部でバックと同じ割合で風俗嬢に支払われる場合もありますが、基本的に指名料はすべて風俗嬢の手取りとされるため、指名が取れる風俗嬢は効率的に稼げるようになるのです。

パネル写真を見て指名を入れる写真指名

写真指名はお客さんが風俗嬢の写真を見て指名を入れるやり方です。

男性客が初めてその風俗店を利用する場合に利用される指名方法で、来店したお客さんが風俗店の受付でその日に出勤している風俗嬢の写真一覧を見て、その中から好みの風俗嬢を選びます。
ソープやファッションヘルス、ホテヘルでは写真指名も一般的な指名方法です。
写真指名を受ける場合、風俗嬢はその男性客が初見客という状態になります。
女性の顔や容姿について男性客が気に入っている状態なので、安心して接客に臨めます。

写真指名も本指名と同様に指名料が必要とされます。
ただ、金額としては本指名の半額程度の場合が多く、1000円から2000円程度が相場です。
この写真指名料についても100%が風俗嬢の手取りされるのがほとんどです。
写真指名に用いられる写真については、スモークやモザイクで加工はされていません。

顔を見せないと写真指名の意味がないからです。
パネル写真については風俗店に入店すると綺麗に撮影してもらえます。
また、風俗嬢向けの専門スタジオもあるので自費でパネル写真を撮影し、それを使用するという方法もあります。
なお、このパネル写真をデジタル加工して修正する風俗店もあります。

いわゆるパネマジという行為ですが、パネマジされてしまうと男性客と大きなトラブルとなるため、パネマジする風俗店にはなるべく所属しないように心がけましょう。

デリヘルで多いネット指名

無店舗型風俗店のデリヘルでは、男性客は来店しません。
デリヘルの利用客はインターネットでお店のホームページを閲覧し、そちらの風俗嬢紹介ページを見て指名を入れてきます。

このようなネットを介して指名してくる方法をネット指名と呼んでいます。
ネット指名は現在の風俗業界で主流の指名方法です。
基本的に風俗嬢の名前で指名が入れられるため、実際は本指名と同様に取り扱われる場合も多くなっています。
指名料は本指名と同様で、100%が風俗嬢の手取りとされます。

ネット指名を増やすために重要となるのが、パネル写真の公開範囲です。
風俗では女性のプライバシーを守るために女性の意志を尊重してネット上に公開される、パネル写真について隠せるようになっています。
女性の身元を隠すため、目や顔全体をスモークでぼかし、誰かわからないようにできますが、誰か分からなければネット指名は増えません。
ネット指名を増やしたいなら、顔をきちんと公開するよう心がけましょう

顔全体が難しくても、目について見える状態にしておかないとネット指名は受けられません。
また、ネット指名を目指す際に注意したいのがパネマジの問題です。
特に、デリヘルはパネル写真を加工するパネマジが行われやすい業種なので注意が必要です。
仮に、デリヘルに所属しネット指名された男性客とトラブルになったらパネマジされている可能性ができます。

余計なトラブルを避けるためには、パネル写真の加工はしないように風俗店にお願いしましょう。
また当然、風俗嬢から加工のお願いをするのもNGです。
パネマジしても1回限りのネット指名で終わってしまい、リピートされる事はありません。
パネマジは本指名に繋がらないため、意味がないのです。

風俗における指名の重要性

指名が取れれば指名料で風俗嬢は稼げるようになりますが、稼ぎ以外の面でも指名は重要です。
指名が取れる風俗嬢は様々な面で優遇され、風俗勤務が楽になります。
安定して風俗で働き続けたいなら、指名の獲得を目指しましょう。

指名獲得数の多い風俗嬢は昇給の対象となる

風俗店は所属風俗嬢の指名獲得数をチェックしています。
月別に集計してランキングを発表する形式のお店もあり、ランキングがないお店でも風俗嬢の評価のために指名数は集計されています。
この指名数は風俗嬢風俗嬢の人気度を示すバロメーターです。

指名が取れる風俗嬢は風俗店の収益に大きく貢献しています。
そんな風俗嬢を評価するために、バック率が高く設定されたり、指名料が高く設定されたりする場合があります。
その結果、同僚風俗嬢より稼ぎやすい条件で働けるようになるのです。
指名料以外の面でも稼ぎやすくなるので指名は重要なのです。

指名が取れる風俗嬢は少ない出勤で稼げる

指名が取れる風俗嬢の出勤日には、スケジュールが指名で埋まります。
風俗で働く場合に厄介なのが無駄な待機ですが、指名が取れる風俗嬢は待機時間がない状態で働けます。
指名が取れなければフリー客を取るために長時間の待機が必要となります。

でも、指名が取れれば少ない待機時間で働く事ができ、出勤日や勤務時間を最小で済ませられます。
必要最小限の勤務時間で最大限稼げるようになり、効率的に風俗で稼いでいけるのです。

まとめ

多くの風俗店では指名制度が導入されています。

指名の仕方に応じて、本指名、写真指名、ネット指名と分かれますが、いずれのやり方で指名を受けても風俗嬢は指名料を受け取れます。
指名を受けるために重要となるのがパネル写真の存在です。
お客さんは風俗店の受付やホームページで女性のパネル写真を見て写真指名やネット指名を入れてきます。
この際、パネル写真の顔を隠していると誰か分からないため指名を受けられません。

ネット指名を受けたいなら、パネル写真の顔は隠さず、きちんと公開するようにしましょう。
また、本指名が取れるようになれば、基本バックや指名料が昇給されて稼ぎやすくなります。
風俗嬢が効率的に稼ぐために重要なのが指名の獲得なので、初見客に接客する際には丁寧な接客を心がけ、指名の獲得に結びつけましょう。

コメント