風俗店の面接を受ける際に注意すべき事

未分類

風俗で働く場合にも採用面接が行われます。
ただ、一般企業の面接のように大掛かりなものではありません。
風俗店での面接は1回限りです。

即日で入店が決定し、すぐに働ける場合も多いのですが、風俗業界が初めてな女性にとって、この風俗店での面接がどのようなものか気になるはずです。
ここでは、風俗における面接の内容について紹介し、求人に応募した女性が面接時に注意すべき事柄について説明させて頂きます。

面接に臨む際に注意すべき事

風俗店の面接はそれほど本格的なものではありません

喫茶店やファミレスのような所で行われる場合も多く、時間も10分程度で終了する場合が大半です。
風俗嬢の容姿と人柄を簡単にチェックするだけで終了します。
一般のバイトに応募するような感覚で臨めば大丈夫ですが、風俗は女性らしさを売るお仕事なので、きちんとした身なりで訪問するよう心がけましょう。

面接時間に遅れるのは厳禁

女性が風俗店の面接を受ける際、電話連絡を入れて店長のアポを取り、後日改めて面接場所を訪問するというのが一般的な面接の受け方です。
バイトの面接を受けるのと同じような手続きですが、当然ながら面接時間に遅刻することは厳禁です。
たしかに風俗は自由な業界で、普通のお仕事ほどルールに厳しくありません。
それでも、面接に遅刻すると店長の心象を著しく害してしまいます

実際、多くの風俗嬢の遅刻や欠勤に日々悩まされているのが店長なので、約束を守れない女性は、それだけで面接で落とされる可能性が出てきます。
面接時間については必ず守らなければなりません。
遅刻を避けるためには事前に面接の場所をチェックし、利用する交通機関を確認し、面接当日は早めに家を出るよう心がけましょう。

厚化粧し過ぎないよう気をつける

風俗の面接では女性の容姿やスタイルがチェックされます。
そこで、気合いを入れてお化粧してしまう女性がいるのですが、厚化粧には注意が必要です。
いつもと違う風に気合いを入れてお化粧してしまうと、むしろ逆効果となってしまいます。
基本的には普段と同じようにお化粧をして臨むと良いでしょう。

また、美しい状態で働きたいのであれば、事前に十分にお化粧の練習をして臨むべきです。
普段使わない特別な化粧品を使ったり、特別な美容ツールを使うと、大抵の場合失敗します。
失敗した状態で面接を受けてもひどい結果にしかならないので、面接前には集中的にお化粧のトレーニングに励むのも良い方法です。

清潔感をアピールできる服装で

風俗店の面接には清潔感のある服装で臨みましょう。
白のブラウスにスカート、あるいはワンピースというのが定番です。
ジーンズ姿でも問題ありませんが、ちょっとカジュアル過ぎると判断される可能性もあります。
また、入店後に備えてドレスを準備している場合でも、ドレスを着ていく必要はありません。

清潔さをアピールできる服装なら、問題ありません。

高級店ではボディチェックされる可能性もある

高級風俗店の募集に応募した場合、ボディチェックされる可能性があります。
ボディチェックは高級店で働くのにふさわしい身体をした女性であるか確認される事で、通常は女性スタッフが担当します。

そこで、ボディチェックのあるお店を志望する場合、タトゥやボディピアスのある女性は要注意です。
ボディピアスはあらかじめ外しておきましょう
タトゥについては美容整形のレーザーで消せる場合もあるので、事前に施術を受け対策するのも一つの方法です。

面接での質問に対する注意点

風俗店での面接に臨む際、店長から複数の質問がなされます。
普通に答えていれば問題なく採用されるので、過度に緊張する必要はありません。
ただ、事前に答えを用意していたほうが安心できるので、志望動機だけは考えておくと良いでしょう。

丁寧な言葉遣いで態度に気をつける

風俗は一般企業ほどルールに厳しくありません。
ただ、それでも男性客に接客するサービス業の一種ではあるため、最低限のマナーや態度は必要とされます。
そこで、店長から質問された際には敬語で応対しましょう。
そして、きちんと店長の目を見て返事をし、社会人女性としてのマナーが備わっている事を示さなければなりません。

丁寧な応対さえできれば、人間性の部分で問題にされる事はありません。
また、態度についても重要です。
最初の対面時にはきちんとお辞儀をして、挨拶できなければなりません。
また、面接時に足や腕を組んだり、落ち着きのない態度を見せるもの控えましょう。

店長の方を見て、真面目に応対していれば大丈夫です。

風俗で働く理由を考えておこう

風俗の面接で必ず聞かれるのが志望動機です。
なぜ女性が風俗で働くのか、働かなければならない理由があるのか、必ず尋ねられます。

そこで、志望動機はあらかじめ用意しておきましょう。
借金があるのであれば、借金返済と答えれば大丈夫です。
女性が風俗でお金を稼がなければならない理由が分かれば、店長は安心してその女性を採用できます。
お金を稼ぐために頑張って働いてくれる事が分かるからです。

この志望動機が曖昧だと、店長は女性が頑張りきれる女性かどうか、判断できなくなってしまいます。
店長を迷わせないためにも、明確な志望動機をあらかじめ準備しておきましょう。

質問には正直に応える

面接では志望動機と同様に、風俗勤務歴などについても尋ねられます。

店長から寄せられる質問には正直に応えましょう。
新人特典が欲しいからと風俗勤務歴について嘘を吐いても、多くの風俗嬢を採用してきた店長の目はごまかせません。
嘘はバレます。
また、年齢についてもごまかせません。

身分証明書の提出が求められるからです。
風俗では答えづらい質問がされる事はあまりありませんが、嘘を吐くのは避けましょう。
すぐにバレて、信用できない女性として不採用とされてしまいます。
質問については正直に応え、女性の誠実さをアピールすると良いでしょう。

疑問点は聞いておこう

面接では女性の疑問に思う点について質問し、確認しておきましょう。
入店してからでは聞きづらい場合もあります。
特に、派遣型のデリヘルだと、店長やスタッフと出会う機会が乏しい場合もあり、入店前に疑問点は解消しなければなりません。

出勤に関するルールやお給料の金額、雑費等の請求項目などについてきちんと確認しておかないと、入店してから話が違う、という事にもなりかねません。
風俗嬢は採用される側ですが、風俗嬢にとって選択肢となる風俗店は無数にあり、風俗嬢が風俗店を選ぶ立場でもあります。
面接において卑屈になる必要はありません。
また、風俗嬢が質問する事により、その風俗店が働きやすいお店であるかどうかを確認できます。

良識的なお店の店長であれば、色々質問されても、きちんと返答してくれるはずです。
一方、悪質店は風俗嬢を見下しているので、質問するような女性に対してまともに返答してくれません。
面接は風俗嬢がチェックされるだけではなく、風俗嬢が店長の人柄を確かめる良い機会なので、質問する事で店長の人柄を見極めると良いでしょう。

お金に関する質問は最低限に抑える

ただ、質問が重要と言ってもお金に関する質問は要注意です。
たとえば、入店祝い金をいつ貰えるのか、というような質問をすると、お金の事しか考えていない女性と判断されかねません。
採用の合否にも影響を与えかねないので、質問はあくまで風俗勤務に関するものを中心にし、お金に関する質問は最低限に留めたほうが良いでしょう。

まとめ

風俗店に採用されるためには採用面接をクリアしなければなりません。
ただ、風俗店での面接は簡単なものなので、最低限の対策をして臨めば大丈夫です。
風俗のお仕事では女性の美しさが求められるので、清楚感のある服装を選択するようにしましょう。
そして、厚化粧は避け、普段使用したことのない美容アイテムを用いるのは控えましょう。

面接では志望動機や風俗勤務歴が聞かれます。
聞かれた内容については正直に応え、女性の誠実さや真面目さを伝えるよう努力しましょう。
社会人女性としてのマナーが備わった女性である点が認められれば、面接は問題なく通過できます。
年齢や容姿の問題で不採用になったら別の風俗店を探せば良いだけの事です。

風俗の面接で過度に緊張する必要はありません。

コメント