風俗嬢にとっておすすめな当欠理由

未分類

風俗業界には自由出勤制が導入されています。
そこで、風俗嬢は自分の意志で出勤スケジュールを決定する事ができ、出勤日と休日を思い通りに決められます。
ただ、そんな自由な風俗でも当日欠勤はあまり容認されません

接客業である以上、風俗嬢が当欠してしまうと、お客さんに迷惑がかかる可能性があるからです。
そこで、風俗嬢が当欠するためには風俗店を納得させる理由が必要となります。
いい加減な理由を述べてしまうと風俗店の信頼を失い、お仕事が回されなくなる危険性が生まれます。
ここでは、当欠しがちな風俗嬢のためにおすすめな当欠理由を紹介し、当欠を避けるための方法についても説明させて頂きます。

風俗嬢におすすめな当欠理由

自由出勤制の風俗業界でも、風俗嬢は当欠すべきではありません。
自分で出勤スケジュールを提出している以上、風俗嬢はそのスケジュールを守るべきなのです。
ただ、体調不良等でお仕事が難しい時には、正直にその理由を告げてお休みするようにしましょう。

下手に嘘を吐いて言い訳しても、スタッフにバレて信頼を失うだけなので、基本的には正直に述べると良いでしょう。

風俗嬢に原因が無いなら正直に伝える

風俗のお仕事で働いていると、やむを得ない理由でお仕事を休まなければならない場合があります。
当日欠勤する理由が風俗嬢のせいでないなら、正直にその理由を伝えるようにしましょう

風俗勤務でも、やむを得ない理由で当欠する場合、基本的に叱責される事はありません。
たとえば、出勤途中の電車の遅れや事故に巻き込まれた場合や、台風や大雨のような天候不順による交通機関の乱れのようなケースが問題なく当欠できる代表例です。
また、身内の不幸も当欠が許される理由の1つです。
ただ、例外的に風俗嬢に問題がない理由であっても、当欠すると厳しく叱責される風俗店があります。

このような風俗店は、風俗嬢の事情を考慮しない悪質店と判断しなければなりません。
明らかに風俗嬢に原因がないのに厳しく叱責されたりペナルティが課される場合、劣悪な環境で働かされたり、出勤が強制されたりする危険性が高くなります。
厳しく叱責された場合には、もっと風俗嬢の事情を考慮してくれる良心的な風俗店への移籍を考慮すると良いでしょう。

口から出任せの言い訳は避けるべき

当欠したい風俗嬢の多くが、口から出任せの言い訳を良く使います。
本人はそれで通用すると思っていても、多くの言い訳に接してきた風俗店のスタッフを簡単に騙すことはできません。
下手な言い訳は嘘につながります。
嘘を吐いてしまうとスタッフとの信頼関係が崩れ、お仕事が回されなくなったり、出勤希望が認められづらくなったりします。

下手な言い訳はかえって逆効果になるので、避けるべきなのです。
当欠するのであれば、正直にその理由を述べるべきです。
嘘を吐いて信頼を失うくらいなら、正直にお仕事に行けない理由、お仕事に行きたくない理由を伝えましょう
当欠は風俗にはありがちなので、高級店に所属していない限り容認してもらえる可能性はあります。

体調不良

風俗嬢が最も良く使う当欠理由が体調不良です。
実際に体調不良になる場合もあり、前日に深酒していて二日酔いで体調不良になる場合もあります。
このような場合には、正直に体調不良で当欠すると伝えましょう

体調不良なまま風俗嬢が接客に臨んでも、きちんとサービスできない可能性が高く、男性客に迷惑がかかります。
そこで、良心的なお店であれば体調不良を理由に風俗店を休める場合が多くなっています。
ただし、体調不良を理由に当欠するのが多くなると、スタッフからの信頼を失う危険性が高まります。
出勤希望が認められなくなったり、フリー客が回されづらくなったりして、希望通りに稼げなくなる可能性が高まるので注意が必要です。

また、生理の時には生理休暇が取得できるので、生理を理由に休んで構いません。
ただ、風俗店では風俗嬢の生理については記録を取って生理周期を把握しているため、仮病で生理を用いることはできません。
本当に生理の時だけ、生理休暇を取得するようにしましょう

メンタルの不調

体調不良の次に風俗嬢が使う当欠理由はメンタルの不調です。
体調は悪くないけど何となくお仕事に行きたくない、という場合、素直にお仕事に行きたくない、と伝えましょう。
ただし、メンタル不調による当欠は、風俗店によって容認される場合と認められない場合に分かれます。
個室数が制限され、常時風俗嬢が待機していなければならない店舗型風俗店では厳しく叱責される可能性が高いので、あまりおすすめできる当欠理由ではありません

他方、所属風俗嬢の数が多いデリヘルであれば、事前連絡さえすれば当欠を快く容認して貰える可能性が高く、メンタル不調を理由にお休みしても平気だったりします。
気分の波が大きな女性は、デリヘルに所属する方が良いでしょう。

当欠を少なくするための方法

当欠を容認してくれる風俗店があるにしても、本来、風俗で働く場合でも当欠は避けるべきです。

当欠を避けるためには、風俗嬢の気持ちを切り替えて、前向きな態度で風俗勤務に臨まなければなりません。
それでも難しければ、お店の移籍を検討しましょう。

当欠する事の問題点

出来高制の風俗では、お仕事をこなさない限り風俗嬢はお給料を受け取れません

当欠してしまうと、その日に風俗嬢は1円も稼げなくなってしまうのです。
風俗嬢が風俗で働いているのは稼ぐためです。
にも拘わらず、当欠して稼ぐ機会を放棄してしまうのは本末転倒です。
さらに、当欠は身勝手な行為なので、本来控えなければなりません。

風俗も接客業である以上、風俗嬢は男性客に尽くさなければなりません。
にもかかわらず、自分の感情を優先して身勝手に当欠しているようでは、男性客に対するサービスも不十分なものとなって指名が取れず、稼げなくなってしまいます。
ゆるい風俗店に所属していると、多くの所属風俗嬢が当欠しており、当欠しても問題ない場合が良くあります。
でも、当欠するような不真面目な態度を続けていると、やがて稼げなくなってしまうので、当欠してはいけないのです。

稼ぐ事を第一目標にする

当欠が多い風俗嬢は、稼ぐ事を目標に勤務に励んでみましょう。
幸い、風俗では現金収入が得られます。
1日出勤し、お給料をもらって帰る事を目標に励めば、その日の気分で当欠する事態を避けられます。

その際、重要となるのが1日に稼ぐ目標金額を設定する事です。
風俗嬢の平均日給は3万前後とされており、所属している風俗店のランクや業種を基準に3万から5万円程度を目標金額に設定すると良いでしょう。
日々の出勤で目標金額を達成できれば達成感が高まり、積極的に風俗勤務ができるようになるはずです。
1日出勤すれば、それだけ風俗からの卒業も1日早まります。

逆に、1日当欠してしまったら、風俗からの卒業は1日遠のきます。
稼ぐだけ稼いで風俗からいち早く卒業するためにも、稼ぐ目標金額を設定する事が効果的です。

男性客を魅了する事を目標とする

風俗嬢の当欠理由で多いのが、「気分が乗らない」というものですが、それは働く目的意識を喪失しているからです。

「やる気が出ない」、「気分が乗らない」という風俗嬢は稼ぐこと以外に、男性客を魅了する事を目標に勤務してみましょう。
風俗の利用客は、身体的、心理的に満たされる事を目的に来店しています。
風俗嬢にとってそんな男性客の相手となるのは大変ですが、一方でやりがいがあるお仕事です。
身体的、心理的に男性客を魅了してあげれば、風俗嬢の虜になってリピートしてくれるようになります。

試行錯誤しながらテクニックを磨き、男性客に高い満足度を与えてあげれば良いのです。
風俗のお仕事が面白いところは、人が相手だという点です。
男性客の身体的な満足度を高めるためには、男性の身体について分からなければなりません。
接客を経験しながら試行錯誤を繰り返し、男性の身体についての理解を深めながら、効果的なプレイやサービスを開発してゆく楽しみがあるはずです。

心理的に満たしてあげるためには、恋人のように接してあげる必要があります。
甘えたり、話し相手になって上げることで、男性客に素敵な時間を過ごして貰うのです。
上手く男性客の気持ちをコントロールするためには演技する能力も求められますが、上手く演技できるようなると他人を思いのままに動かせるようになり、風俗勤務が面白くなるはずです。
身体的に虜にする方法と感情的に魅了する方法、いずれも男性客を支配してリピートさせるやり方で、風俗嬢にとって挑み甲斐のある方法です。

風俗嬢が思っているよりも風俗勤務は面白く奥深いものなので、男性客を魅了する事を目標に頑張って風俗勤務に励んでみましょう。

自分に適した風俗店への移籍を検討する

いくら頑張って風俗勤務を続けていても、どうしても当欠が多くなる場合があります。
特に、気持ちに身体が付いていかないというケースで、原因不明の体調不良が多い場合です。

そんな原因不明の体調不良が続く場合、風俗店のサービスに女性が上手く適応できてない可能性が高くなっています。
そのようなケースでは、風俗店の移籍が最も効果的な対策です。
基本的に現在所属しているお店で当欠が多いなら、もう少しライトサービスなお店への移籍を目指しましょう。
ソープ勤務がキツイなら、デリヘルやホテヘルに変えるだけでも負担は大きく減らせます。

全裸系のお店が無理なら、着衣で働けるメンズエステや手コキ店がおすすめです。
出勤日に気分が乗らないという場合、そのお店でのサービスに女性が向いていない可能性が高くなっています。
数ヶ月勤務しても無理だったら、風俗店の業種を変えることが良い対策です。

まとめ

風俗で働く風俗嬢は、どうしても当欠しなければならない時があります。
そんな時、都合の良い当欠理由が必要となりますが、基本的に正直にスタッフに伝えるように心がけましょう。
スタッフは多くの風俗嬢の言い訳に慣れています。
出任せや言い逃れを言ってもスタッフを騙す事はできず、むしろ正直に伝えるほうが信頼を傷つけないので効果的です。

体調不良や気分が乗らない、というのが風俗嬢の当欠理由で多いものですが、仮に当欠が多いのであれば気持ちの切り替えが必要です。
1日に稼ぐ金額の目標を設定し、自分で自分に対してノルマを課すようにして取り組めば、気分に左右されず出勤できるようになるはずです。
また、男性客を魅了する事を目標にすれば、風俗勤務にやりがいが生まれます。
当欠が多いと出来高制の風俗では稼げなくなるので、上手く気持ちをコントロールして当欠を避けるようにしましょう。

コメント