風俗店と適切に連絡を取る事の重要性

未分類

風俗は自由に働ける世界です。
一般の会社組織に比べルールが厳しくなく自由気ままに働けるのが風俗の良いところですが、風俗勤務をする場合でも最低限の連絡は必要です。
お休みする際など連絡しなければ風俗店の運営に支障を来し、大きな問題が発生するからです。

そこで、風俗で働くなら、状況に応じて適切に風俗店に連絡を取らなければなりません。
ここでは、風俗で働く場合にも連絡が必要な理由と、風俗嬢が取るべき適切な連絡手段について説明させて頂きます。

風俗でも連絡が必要な理由

風俗は拘束が少なく、自由に働ける業界です。

自由出勤制なので長時間勤務も必要なく、稼ぎたい時だけ出勤できるゆるい業界です。
ただ、風俗も接客業です
トラブルに巻き込まれて出勤できないなら、お店に連絡しなければなりません。
連絡しないと、スタッフはお客さんへの対応に追われるからです。

風俗であっても最低限の連絡は必要です。

連絡しないと風俗店のスタッフの業務が増える

風俗で働いていると、様々なトラブルに巻き込まれ、通常通りに出勤できないという場合があります。
たとえば、出勤途中の電車が遅延し遅刻するケースや体調不良で勤務できないというケース、あるいは生理でお休みするというようなケースです。

これらのトラブルにより予定通り出勤できない場合、連絡が必要です。
風俗嬢が連絡を入れない限り、スタッフは風俗嬢に何があったのか分かりません。
スタッフから風俗嬢に連絡を入れなければならず、場合によっては風俗嬢が住む寮まで様子を見に来る必要にも迫られます。
風俗嬢が連絡を入れないと、お客さんの来客対応で忙しいスタッフに余計な仕事が増えてしまい、風俗店の運営に支障を来してしまいます。

予定通りに出勤できない場合には、連絡を入れなければならないのです。

連絡しないとお客さんに迷惑がかかる

風俗店は接客業の一種です。
お客さんにサービスするのが風俗嬢のお仕事であり、優先すべきは何よりもお客さんです。

ここで、風俗嬢が連絡を入れずに勝手に休んだり、遅刻してしまうと、指名客に対して迷惑をかけてしまいます。
風俗店では通常、その日のオープン時間から指名の予約を受け付けます。
当然、予定通りに風俗嬢が出勤する事を前提にしており、出勤予定が入った風俗嬢について指名予約が入りスケジュールが確定していきます。
ここで、連絡なく風俗嬢がお休みしてしまうと、風俗店は指名をたくさん受け付けてしまいます。

そして、普通に指名を入れた男性客が来店してしまいます。
指名時間に男性客が来店しているのに風俗嬢が出勤していない、という最悪な事態が発生してしまうのです。
こうなると、大変です。
スタッフは風俗嬢に連絡を入れながら、男性客への対応に追われます。

男性客に謝罪し、別の風俗嬢を斡旋したり、場合によっては割引料金で他の風俗嬢のサービスを提供する、という事態にも陥ります。
このように風俗嬢が勝手に休んでしまうと、男性客にも大きな迷惑をかけてしまうのです。

スタッフの信頼を失い、仕事が回されなくなる

風俗店に連絡を入れない風俗嬢は、風俗店の運営の事を考えない身勝手な女性です。

自分の事情を優先している女性なので、連絡を入れなければ少しずつスタッフの信頼を失います。
その結果、仕事がなかなか回されなくなってしまいます。
特に問題となってくるのは、女性がデリヘルに所属している場合です。
店外待機や自宅待機可能なデリヘルに所属している場合、連絡がつかないと死活問題です。

出勤予定が入っている風俗嬢に連絡がつかないと、お客さんを割り当てて良いのかどうかスタッフが判断できず、その風俗嬢にお客さんを紹介できなくなるのです。
また、フリー客を回す際、連絡がつかない女性は飛ばされる可能性もあります。
待機しているのに、せっかくお客さんを取るチャンスをみすみす逃してしまうのです。
歩合制の風俗で稼ぐためにはお客さんを取る必要があり、そのためには連絡が付く状態で待機しなければなりません。

特に、デリヘル嬢にとって連絡の確保は死活問題となってくるので、連絡がつく態勢で待機しましょう。

適切に連絡しないと解雇される恐れも

普通に生理でお仕事をお休みする場合であっても、連絡の有無によって大きく影響は違ってきます。
生理時に連絡を入れれば、普通の生理休暇として何ら問題なく済まされますが、女性が連絡を入れなければ、それは無断欠勤となってしまうのです。

事前に連絡を入れるか入れないかで、風俗店の対応も大きく異なってきます。
連絡を適切に入れない女性は、自由な風俗であっても厄介者として扱われます。
お客さんや風俗店に迷惑を掛けるトラブルメーカーなので、最悪の場合には解雇の対象とされてしまいます。
特に問題なのは無断欠勤です。

やむを得ない事情でお休みするにしても、事前に連絡を入れなければなりません。
連絡さえ入れておけば大問題となるのを避けられるので、何があっても連絡だけは入れるように心がけましょう。

風俗では多彩な連絡手段が許される

一般の社会人で業務連絡と言えば、電話連絡が基本です。

メールやLINEによる連絡は不十分で、それとは別に電話する事が求められたりします。
でも、風俗では必ずしも電話連絡しなくても大丈夫な場合もあります。
お店の方針によって連絡手段は異なりますが、どのような場合でも連絡できる体勢だけは確保しておきましょう。

入店後に連絡手段を確認しよう

風俗店では業態やお店の運営方針によって、風俗嬢が風俗店とやり取りする連絡手段は異なります。
古風な店舗型風俗店では、電話連絡が中心な場合も未だ多いのですが、派遣型のデリヘルではLINEを用いた連絡がメインだったりします。
また、男性客への対応を優先するために、風俗嬢が風俗店に電話連絡するのをNGとするお店も例外的にあり、そのようなお店ではメールやLINEでのやり取りが基本となります。
いずれにしても連絡手段や連絡方法は風俗店の方針によって違うので、入店したら連絡方法について確認しておきましょう。

スタッフに聞いてアドレスを教えてもらったり、アカウント登録すれば、問題なく連絡できるようになります。

「飛ぶ」場合ですら、連絡は入れよう

社会人にとって重要なのは、報告、連絡、相談と言われますが、これは風俗嬢にとっても変わりません。
寝坊して遅刻してしまうという場合、プライベートなトラブルでどうしても出勤できない場合、風俗嬢は様々なトラブルに巻き込まれてしまいますが、トラブルに巻き込まれたら、とにかく風俗店に連絡して、どのような状況におかれているか伝えましょう。

風俗嬢の状況さえスタッフが把握できれば、助けられる場合もあり、突然休むことを許してもらえる可能性が生まれます。
また、風俗では連絡なく風俗嬢がお店を辞めてしまう「飛ぶ」行為が蔓延していますが、これは問題です。
スタッフの仕事を増やしてしまうからです。
様々な事情で突然、お店を辞めなくてはならない場合でも、連絡だけは入れましょう。

来店する必要はありません。
メールやLINEで一報だけ入れるだけで、スタッフに余計な仕事を増やさずに済みます。
風俗店の業務を円滑にし、スタッフの仕事を増やさないためにも、連絡だけは入れるように心がけましょう。

まとめ

風俗は自由な働き方が許される業界ですが、接客業である以上、風俗嬢は適切に風俗店に連絡を入れなければなりません。
突然、お休みする場合などで連絡を入れなければ、スタッフの仕事を増やし、指名客に迷惑をかけてしまいます。
また、デリヘル勤務の女性に連絡がつかなければ、スタッフはお仕事を回すことができず、風俗嬢の収入にも影響が生じます。
一般のお仕事とは異なり、風俗嬢は様々な手段で風俗店と連絡が取る事が許されます。

必ずしも電話連絡が必要とされる訳ではなく、そのお店に応じた連絡手段で報告を入れるように心がけましょう。
様々なトラブルに遭遇して適切に連絡さえ入れておけば、お店の信頼を失う事なく、安定して風俗勤務が続けられるようになるはずです。

コメント