稼ぎたい風俗嬢におすすめしたいシフトの組み方

未分類

風俗で効率的に稼ぐために大切なのがシフトの組み方です。
同じ風俗店に所属していても、出勤する時間帯や曜日によって客入りは異なります。
お客さんが多く来店する時間帯に出勤しなければ稼ぎ時を逃してしまい、思うように稼げなくなってしまいます。

効率的に稼ぐためには、風俗店への入店後にお店の稼ぎ時をチェックする事が必要です。
そして、1つの風俗店で十分に稼げないなら、掛け持ち勤務も検討すべきでしょう。
ここでは、稼ぎたい風俗嬢のために、効果的なシフトの組み方について説明させて頂きます。

風俗店に入店したら確認すべき事

風俗業界は自由出勤制とされているため、風俗嬢は自分の意志で出勤シフトを決定できます。
稼ぐためには多くの来客がある曜日、時間帯に出勤する必要がありますが、入店直後は様々な時間帯に出勤し、客入りの状況を把握すべきです。
そして、女性の体力回復に必要な休日の日数を把握し、継続的な出勤が可能となる適切な出勤ペースを見つけるように心がけましょう。

稼げる時間帯と曜日を探る

風俗店に入店したら、様々な曜日と時間帯に出勤するように心がけましょう。
どのようなジャンルの風俗店でも土日の週末が最も客入りの良い日です。
そこで、土日にはシフトを入れて出勤するようにし、それ以外の曜日についても一通り出勤してみて客入りの状況を確かめましょう。
新宿や渋谷、池袋のような都市型繁華街にある風俗店であれば、金曜日はサラリーマン客が多く利用する曜日なので多くのお客さんに恵まれます。

また、出勤する時間帯のチェックも重要です。
平日は夕方以降が忙しくなる時間帯ですが、風俗店の所在地によると例外的に早朝にも来客がある場合があります。
たとえば、近隣に24時間で稼働している工場があったり、早朝に取引が行われる卸売市場があったりする場合ですと、早朝に仕事終わりの労働者が来店します。
そこで、念の為に風俗店がオープンする時間帯も、数回シフトを入れて客入りの状況を確認してみると良いでしょう。

オーソドックスなシフトの組み方は水曜日と金曜日の夜に出勤し、土日は終日出勤するというものです。
このようなシフトの組み方で、希望する金額が稼げるかどうか、入店直後に確認してみましょう。

出勤できるペースを把握する

風俗店の稼ぎ時を把握したら、次に必要なのは風俗嬢の身体についてのチェックです。

風俗嬢の身体がどこまで風俗勤務に耐えられるか、確認しなければなりません。
週5日の出勤シフトを入れても大丈夫な女性もいれば、週2日で精一杯な女性もいるからです。
この出勤ペースについては風俗嬢一人一人で違ってくるため、実際に女性が自分自身で確認しなければなりません。
この出勤ペースの把握において重要なのは、休日の取り方です。

1日出勤して1日休むというペースが向いている女性もいれば、3日連続出勤して2日連続してお休みするのが向いている女性もいます。
また、毎日のように出勤できるものの1日あたりのお仕事は2本が限度で1日4時間程度しか出勤できない、という女性もいます。
この出勤ペースについては所属する風俗店の業種によっても違ってきます。
ただ、重要なのはどんな女性であっても休日は必要である、という事です。

最低でも週に2日は休日を取得しないと身体とメンタルを壊してしまい、風俗勤務が続けられなくなります。
女性の健康を維持した状態で風俗勤務を続けるために、風俗で働き始めたら最適なお休みの取り方について把握するよう心がけましょう。

こなした仕事量を記録する

風俗店の稼ぎ時や風俗嬢の出勤ペースを把握するために重要なのが、お仕事についての記録を取ることです。

簡単なノートやスマホのスケジュール帳を活用し、出勤日には何本の仕事を取り、何時間出勤したかを記録するよう心がけましょう。
お仕事に関する記録を作成しないと、その日の稼ぎや出勤状況について事後的な検証ができません。
また、どの曜日のどの時間帯に指名客が来店したか記録しておくと、次回の指名を狙ってシフト調整できるようになります。
風俗で働く女性の多くは惰性で出勤シフトを決定しています。

でも、感覚で出勤シフトを決定するのは非効率的な場合が多く、あまりおすすめできません。
きちんと出勤日には、どれだけお仕事をこなせたか記録をつけて分析し、客入りの多い時間帯を狙って出勤するようにしましょう。

稼ぐためのシフトの組み方

歩合制、出来高制の風俗業界では出勤すれば必ず稼げるわけではありません。

風俗嬢は稼ぎ時を狙って出勤しなければなりません。
そのためには、稼ぎ時や繁忙期には、欠かさずシフトを入れる必要があります。
また、お店が暇な閑散期には出勤しても稼げないので、長期休暇を取得するチャンスです。
オンとオフの切り替えを明確にすればストレスも溜まりにくくなり、風俗での長期勤務も可能となってきます。

稼ぎ時は必ず出勤する

風俗で効率的に稼ぐためには、稼ぎ時には必ず出勤しなければなりません。
すべての風俗店における稼ぎ時である土日には必ずシフトを入れるようにしましょう。
友人と土日に遊びたいからと休んでばかりいると、稼ぎが半減してもおかしくありません。

また、平日の夜、特に金曜日の夜はサラリーマン客の狙い時なので、極力出勤すべきです。
住宅地に近いデリヘル所属の場合、平日の日中でも稼げる場合がありますが、やはり風俗は夜が稼ぎ時なので、夜の出勤を避けるのも問題です。
逆に、平日の午前中は多くのお店が暇する場合がほとんどです。
同僚風俗嬢が出勤していない時間帯に自分一人だけで出勤してフリー客を狙うのもありですが、基本的に平日の午前は休むようにしましょう。

繁忙期には必ず出勤する

風俗では、男性客が長期休暇に入るタイミングが繁忙期となります。
風俗で最も重要な繁忙期は12月です。
12月は年度末ボーナスの支給時期でサラリーマンにお金があり、12月中旬から仕事納めの時期に入ります。

お金と時間にゆとりができる男性が多くなるため12月は風俗利用客が特に多い時期なのです。
風俗嬢の多くが潤う季節なので、12月には集中的に出勤するようシフトを入れましょう。
また、GWの連休中や3連休といったサラリーマンが一息つくタイミングは集客が特に良くなります。
少し身体がきつくても、そのような連休のタイミングには積極的にシフトを入れるようにすると効果的に稼げるようになります。

指名客の休みに合わせて出勤する

効果的に稼ぐためには指名を取る必要があります。
風俗嬢が指名客の仕事の休みを把握しておけば、出勤シフトを指名客の休みに合わせて入れる事ができ、指名の獲得を狙えます。
ここで、役に立つのがお仕事に関する記録です。

サラリーマン客は週末に来店する場合がほとんどですが、自営業者などは平日にお休みを取る事も珍しくありません。
たとえば、美容師をしている男性が第1週の月曜日に来店して指名を入れてくれる、というようなケースがあります。
このような指名客を抱えている風俗嬢は第1週の月曜日に出勤シフトを入れれば、そのお客さんからの指名の獲得を狙えます。
特定の指名客の来店に合わせて出勤シフトを入れるのも、おすすめなやり方です。

お店の出勤要請には快く応じる

風俗店で働いていると、スタッフから出勤するようにお願いされる場合が出てきます。
そんな風俗店からの出勤要請には積極的に応じましょう。
風俗店が出勤要請してくるのは、客入りが見込まれるのに出勤する風俗嬢が足りていないからです。

風俗店として稼ぎ時を逃さないために、本来お休みな風俗嬢にお願いしているのです。
出勤要請に応じて出勤すると、通常時より稼げます。
ライバルとなる同僚風俗嬢の出勤が少ないため、お仕事が取れる確率が上がるからです。
さらに、フリー客を回してもらえる可能性も高くなり、フリー客の獲得も期待できます。

本来、お休みの日に突然出勤するのは身体的にキツイものですが、お店に恩義を売るチャンスと捉え、出勤要請には快く応じるようにしましょう。

閑散期には休日をとってリフレッシュする

風俗には忙しい繁忙期があるのと同様に、来店数が少なくなる閑散期があります。
2月から3月にかけてがお店が暇になる閑散期で、この時期は男性の多くが忙しい時期なので風俗利用が少なくなります。

そこで、閑散期にはまとまったお休みを取得すると良いでしょう。
幸い、自由出勤制の風俗ではいくらでも長期休暇を取得できます。
シフトを調整して1,2週間程度の休暇を取得し、温泉に出かけたり、海外旅行に行けば日頃のお仕事の疲れを癒やせます。
いくら稼ぎたくても働き詰めでは心身が疲れてしまいます。

長期的な風俗勤務を可能にするためには、年に一度は長期休暇を取得すべきです。
閑散期が長期休暇を取得する絶好のチャンスなので、お客さんが少ない時期にはまとまったお休みを取得すれば良いでしょう。

もっと出勤したいなら掛け持ちを検討する

個室勤務が前提の店舗型風俗店に勤務している場合、シフト調整の結果、思うように出勤が認められないという場合があります。

店舗型風俗店では個室数に限りがあるため、所属風俗嬢の数が多いと出勤が認められないのです。
女性が希望する出勤シフトが認められないのであれば、出勤日数を稼ぐために、掛け持ちを検討しましょう。
風俗店の多くでは掛け持ちOKな場合が多く、掛け持ちすれば効果的に出勤日数を増やせます。
出勤日数が増えればそれだけ稼げるチャンスが増えるので、出勤シフトの問題で悩む風俗嬢にとって効果的な対策となります。

思うように出勤できていないなら、掛け持ち勤務を検討すべきです。

風俗で掛け持ちする事のメリット

1つの風俗店だけに所属して稼ごうとすると、出勤シフトの問題に直面します。
稼ぎ時に出勤できない、とか、希望通りの時間帯に出勤できないのであれば、掛け持ちすべきです。

デリヘルのように深夜出勤できるお店に所属すれば、出勤時間を増やせます。
風俗で稼ぐためには出勤時間の確保が重要となりますが、掛け持ちすれば出勤時間はいくらでも増やせるので、出勤シフトの問題で悩む必要はなくなるのです。

出勤時間を増やせる

女性の希望通りの出勤が認められないと、お仕事を取れる確率が低くなるためお給料が高い風俗の世界でも稼げません。

そんな時、掛け持ちすれば、出勤時間を思うように増やせます。
2店舗同時に所属すれば、原理上、出勤時間を2倍に増やせます。
出勤時間が2倍に増やせれば、お客さんを取る確率も2倍に増えるため、お給料も倍増します。
掛け持ちする際、店舗型風俗店と派遣型風俗店を掛け持ちする事が効果的です。

店舗型風俗店は風営法の関係で深夜0時までしか働けません。
でも、デリヘルのような派遣型風俗店は深夜0時以降も働けるので、時間を気にせずに稼げます。
長時間勤務できる体力のある女性は、風俗で掛け持ち勤務する事で荒稼ぎできるようになるのです。

多くのお客さんに出会う可能性が生まれる

1つの風俗店だけに所属していると、そのお店の利用客にしか出会うことができません。
風俗店は営業エリアが限られており、1つの風俗店が抱える顧客数には限界があります。
そんな時、別エリアの風俗店と掛け持ちすれば、それだけ新しいお客さんに出会う可能性が生まれます。
1つの風俗店に週6日出勤するよりも、2つの風俗店に掛け持ちで所属し、それぞれ週3日ずつ出勤する方が指名に恵まれるチャンスが増えます。

1つの風俗店が抱える顧客数より、2つの風俗店が抱える顧客の合計数の方が多いからです。
1つの風俗店だけで稼ぐことに限界を感じている場合、掛け持ちすればあっさり稼げるようになるという例が風俗では良くあります。
女性の自由な意志が尊重させる風俗では1つの風俗店にだけにこだわる必要はありません。
出勤シフトを思うように組めない場合には、積極的に掛け持ちして、女性の力で出勤日数を増やすようにしましょう。

まとめ

自由出勤制の風俗では、原則として女性の意志で出勤シフトを決められます。
風俗で重要となるのは、稼ぎ時に出勤する事です。
集客が少ない時間帯や曜日に出勤しても、暇するだけで待機時間が無駄になってしまいます。

そこで、風俗で働き始めたら様々な時間帯と曜日に出勤し、お店の客入り状況をチェックしましょう。
そして、客入りの良い時間帯や週末に必ずシフトを入れて、出勤するように心がけましょう。
さらに、長期勤務を可能にするために、客入りが少ない曜日にはきちんとお休みを取得し、体力の回復を図る事も大切です。
また、思うように出勤希望が認められない場合には、掛け持ち勤務を検討しましょう。

掛け持ちすれば、女性の力で出勤日数を増やせます。
お客さんに出会う可能性も増やせるので、効率的に稼いでいけるようになります。

コメント