風俗でもマナーが重要視される理由

未分類

風俗業界は風俗嬢の自由な意志が尊重される自由な世界です。
ただ、そんな風俗業界でもマナーは重要視されています。
風俗のお仕事も接客業の1つであり、お客様にきちんと対応する事で成立する業種だからです。

そんな風俗業界でマナーの悪い風俗嬢は思うようにお仕事が取れず、稼げなくなってしまいます。
風俗嬢が稼ぐ目的を達成するためには、正しいマナーを身に着けなければならないのです。
ここでは、風俗でマナーが重視される理由について紹介し、マナーを改善するための方法についても説明させて頂きます。

マナーが悪い風俗嬢が稼げない理由

風俗嬢は、お金を稼ぐために風俗で働いています。
でも、マナーの悪い風俗嬢は、そのマナーの悪さのせいで稼げなくなってしまいます。
マナーが悪いとお客さんに悪い印象を与え、顧客アンケートの結果も悪くなります。
その結果、指名が取れなくなったり、フリー客が回されづらくなって稼げなくなってしまうのです。

指名が入りづらくなる

風俗のお仕事も大きく分類すると接客業の1つです。
男性客と個室で風俗嬢が対面し、肌を合わせてサービスする風俗は普通の接客業に比べて男女間の距離が近く、男女が共に過ごす時間も長くなっています。
通常の接客業に比べ、はるかに女性の態度やマナー、言葉遣いについて男性客から着目されやすく、マナーの良し悪しが風俗嬢の評価を左右します。

ここで、マナーが悪い風俗嬢は男性客からの高評価を得られません
風俗を利用する男性客は高い料金を支払っており、その高い料金に見合った丁寧な接客を受けたいと希望しています。
マナーの悪い風俗嬢はそんな男性客の強い期待に応えられず、男性客を失望させてしまいます。
その結果、指名やリピートが入らなくなるのです。

指名、リピートが入らなくなれば指名料で稼げなくなり、お仕事の数も安定しなくなります。
フリー客に頼る他なくなるので、稼げなくなってしまうのです。
若くて美しい風俗嬢が何故かリピートが少ないというケースがあります。
この大きな原因の1つがマナーに関するものです。

自分が普通に接客しているつもりでも、男性客にとってマナー違反な事をしている可能性もあります。
思うように指名が得られていないなら、マナーに問題がないから振り返る必要があるのです。

干される危険性も出てくる

マナーの悪い風俗嬢は風俗店にとっても問題となります。

その風俗店がきちんと風俗嬢を教育できていない事の証拠となってしまうからです。
マナーの悪い風俗嬢1人のせいで風俗店の評判が悪化してしまうと、お店の客入りにも影響が生じかねません。
そこで、マナーの悪い風俗嬢は干される可能性があるのです。
男性客に対してアンケートを実施している風俗店では、挨拶や態度などマナーについてのアンケート項目も設けられている場合があります。

マナーに関するアンケート結果が悪い風俗嬢はペナルティの対象となって干されてしまいます。
出勤しても、なかなかフリー客が回されなくなってしまうのです。
マナーの悪い風俗嬢は指名が取れなくなるだけではなく、フリー客も回されなくなり、干上がってしまいます。
そんな事態に陥らないためにも、マナーの改善が必要です。

高級風俗店への所属が難しい

マナーが悪い女性は、高級風俗店へ採用されるのが難しくなります。
高級風俗店へ採用されるためには若さや美しさも求められますが、マナーも同様に重視されます。
高級風俗店は男性客を上品な風俗嬢が特別におもてなしする事を売りにしています。

高級風俗店で働く風俗嬢には特に優れたマナーが求められるのです。
高級風俗店が無理だと、大衆店や格安店レベルの風俗店で働けなければなりません。
実は、風俗嬢のマナーの良し悪しと所属できる風俗店のランクの高さには比例する関係があります。
マナーの悪い女性ほど、ランクが低めの風俗店で働いているのです。

マナーの良し悪しは風俗嬢としての価値を左右するため、マナーを軽視してはいけません。

マナーを向上させるために重要な事

風俗嬢が稼いでいくためにはマナーが重要です。
マナーが向上すれば男性客に良い印象を残す事ができ、指名やリピートにつながります。

幸い、マナーについては年齢や容姿とは異なり、女性の努力次第でいくらでも改善できます。
毎日、意識すれば少しずつ改善できるので、マナーに問題を抱える風俗嬢はマナーの改善に取り組みましょう。

店長やスタッフからの指摘に素直に応じる

マナーの悪い風俗嬢は、自分では気づかないものです。

ただ、風俗では顧客アンケートが実施されている場合が多く、男性客から直接風俗店へクレームが入れられる場合もあります。
そこで、マナーが悪い風俗嬢は、風俗店の店長やスタッフからマナーについて指摘されます。
マナーについて指摘されたら、素直にその指摘を受け入れましょう。
態度やマナーが悪い、という事実を認められない限り、マナーを改善する事ができません。

反省して改められないと、いつまで経ってもマナーの悪い風俗嬢に留まります。
自分の欠点に気づくことが出来ない限り、改善するキッカケすらつかめません。
店長やスタッフからマナーの悪さについて指摘されれば、その指摘を真面目に受け取り、反省材料としなければなりません。

男性客を無視しない

マナーの悪い風俗嬢の典型的な問題態度が、男性客を無視する事です。
確かに、女性のプライベートなこと、本名や実年齢について尋ねられると面倒に感じられ、スルーしたくなるものです。
でも、そこで男性客を無視してはいけません。
男性客を怒らせてしまうからです。

また、サービスが一通り終了し、時間が余った際にも男性客を放置してはいけません。
スマホをイジったり後片付けをしたりすると、男性客が寂しく感じてしまいます。
風俗嬢はサービス時間の間、男性客の恋人のように振る舞ってあげるべきです。
プレイする時間がなくても、密着して肌が触れているだけで男性客の満足度は違ってきます。

男性客に奉仕する意識を持って接していればマナー違反になる事はないので、常に男性客を第一に考えて接客するよう心がけましょう。

少しずつ改善してゆく

マナーについていきなり改善するのは難しいものです。
マナーに自信のない風俗嬢は、毎日、少しずつ改善する努力をしてみましょう。

接客時、男性客が話をしているのであれば、しっかりと相手の顔を見て目を見つめる。
何か問いかけられたら、優しく微笑みながら丁寧に答える。
そのように丁寧な応対を心がければ、マナーについても問題はクリアできます。
いきなり態度や言葉遣いを変えることは難しいので、できる事から少しずつ取り組みましょう。

まとめ

女性の自由さが尊重される風俗の世界でもマナーは重要です。
マナーが悪い風俗嬢は男性客に悪い印象を与えてしまうので、指名やリピートが得られなくなります。
そして、アンケート結果が悪くなりクレームが寄せられるため、干される可能性も高まります。

指名が取れず、フリー客が回されなくなるのでマナーの悪い風俗嬢は稼げなくなってしまうのです。
そこで、風俗で稼いでいくためにはマナーの改善が必要です。
店長やスタッフからマナーの悪さについて指摘されたら、その指摘を否定せずに受け入れる所から始めましょう。
そして、接客時には男性客を無視せず、1人の男性として大切に取り扱うように心がけましょう。

幸い、マナーについては風俗嬢の意識次第でいくらでも改善できます。
マナーの良さを武器に稼いでいく事も可能なので、マナーの悪い女性は諦めることなく、マナーの向上に取り組みましょう。

コメント