高級店に所属する風俗嬢でも当欠できますか?

未分類

ほとんどの風俗店には、自由出勤制が導入されています。
自由出勤制だとお仕事を休みたい時、自由に当欠できると勘違いしがちになりますが、実際はそうではありません。
特に、お客さんとの関係を重視する高級店で当欠すると大きな問題とされるので、当欠はできるだけ避けなければなりません。

ここでは、高級風俗店で働こうとする女性のために、当欠してはいけない理由について紹介したいと思います。

風俗でも基本的に当欠はNG

当欠は風俗業界で良く使われる用語で、当日欠勤の略称です。
出勤日が決定していたのに、その日になってお店に連絡をいれて休んでしまう事が当欠です。

突然、休まれてしまうと、風俗嬢の配置に穴があくので風俗店は困ってしまいます。
そこで、風俗であっても当欠は許されないのが基本なのです。

自由出勤制はシフトを自由に組めるという意味

多くの風俗店は自由出勤制を売り文句に、女性を勧誘しています。

自由出勤制と聞くと、いつでも好きな時に出勤し、いつでも好きな時にお休みできる、という風に考えてしまうかもしれません。
でも、自由出勤制はいつでも好きな時にお休みできる、というわけではありません。
女性の希望通りに出勤シフトを組むことができる、という意味なのです。
確定した出勤シフトについては原則として守らなくてはいけません。

ただ、自由出勤制では、通常のバイトとは異なりシフトが固定しているわけではありません。
事前に申請さえしていれば、いくらでも自由にお休みを入れられるので、風俗業界は自由な働き方が許される業界となっているのです。

指名の問題があるので当欠はできない

自由な風俗でも当欠が許されないのは、お客さんとの関係があるからです。

ほとんどの風俗店では指名制度があり、多くのお客さんは特定の風俗嬢に指名予約を入れて利用します。
ここで、風俗嬢が当欠してしまうと、お客さんの指名を断らなければならなくなり、問題が生じてしまいます。
これは、美容院や病院の予約と同じです。
スタイリストやお医者さんが自己都合で勝手にお休みしてしまうと、せっかく予約を入れていたお客さんは困ってしまいます。

風俗業も広い意味で接客業なので、指名を入れてくれるお客さんを大切にしなければなりません。
風俗嬢の都合を優先させる事は許されず、当欠できないのです。

例外的にデリヘルでは許されるお店もある

基本的に自由出勤制の風俗でも当欠はNGですが、例外的にデリヘルでは当欠できるお店もあります。

デリヘルはオーナーの裁量が大きく、オーナーの人柄次第で経営方針が大きく異なり、風俗嬢の都合や気持ちを優先してくれるお店もあるためです。
ただし、当欠できると言っても指名が入っていない事が大前提です。
また、多くのデリヘルでは出勤に関しては、事前のシフトが入っていなくても許されます。
シフトに関係なく、突然、出勤する事が許されるのです。

そこで、デリヘルでは休みを多く入れておいて、暇している時や稼ぎたい時に、お店に連絡を入れて出勤状態にしてもらえます。
この突然の出勤が許される、というのも自由出勤な風俗ならではの大きなメリットです。

高級風俗店で当欠できない理由

一部の風俗店では当欠できる場合がありますが、高級風俗店に限ると当欠はまずできません。

店舗型、派遣型問わず当欠は許されず、当欠してしまった風俗嬢は一発で解雇される危険性すらあります。
マナーや態度を重視する高級店に所属するなら、ルール違反しないよう真面目に勤務しなければなりません。

高級店ではマナーや態度が重視される

風俗は総じてゆるい業界です。

学歴や職歴不問で働けるので、きちんと敬語が話せず礼儀正しくない女性でも十分にやっていけます。
でも、高級店に限って言えば、社会人女性としてのマナーや品位が求められます。
そんな高級店で当欠するような女性は、問題ありと判断されてしまいます。
高級店は女性の容姿や若さを売りにする風俗店ですが、それ以上に、一般女性としての良識や言動が求められるのです。

当欠は、お客さんを大切にしないわがままな行為だと判断されてしまうので、当欠するような女性は高級店にふさわしくない、と解雇されてしまうのです。
自由な風俗業界の中でも、例外的にルールに厳しいのが高級店です。
高級店では当欠は許されない、と認識すべきです。

高級店では前日予約が入ることも多い

一般的な風俗店、特に大衆レベルの風俗店では予約の受付開始は営業日の早朝です。
そこで、風俗店の始業時間の前に女性が連絡さえ入れれば、たとえ当欠しても、指名予約が入るのを避けられます。
一方、高級店は出勤日の前日や数日前から指名予約を受け付ける場合があります。
高級店は1コースあたりの時間が長く、お客さんにゆとりを持って利用してもらうという観点から前日予約に対応している場合があるのです。

また、利用客に会員制度を導入し、一定金額を支払ったお客さんしか指名させない、というような特別な指名制度を導入しているところもあります。
このように高級店では、出勤前日に指名が確定している場合もあるため、当日になって出勤を取りやめるのが難しいのです。
一般的な風俗店よりお客さんに迷惑をかける可能性が高いので、高級店では特に当欠は許されないのです。

高級デリヘルではホテルの予約問題が生じる

大衆レベルのデリヘルでは、風俗嬢が男性宅へ派遣される場合が多く、場所のレンタル料金の問題は生じません。
でも、高級デリヘルは違います。
高級デリヘルだと、シティホテルやブティックホテルを男性客が事前に予約している場合もあり、風俗嬢が当欠してしまうと、場所のレンタル料金の問題が生じます。
特に、前日に男性客がホテルを予約していたのに、当日になって風俗嬢が欠勤してしまうと、ホテルのキャンセル料が発生する可能性が生じます。

当然、男性客にはキャンセル料を負担する責任はありません。
当欠した風俗嬢の責任なので、風俗店にキャンセル料の支払いを請求してきて、お客さんと風俗店で大きな問題になる危険性を孕んでいます。
店舗型風俗店に比べると派遣型のデリヘルは自由で、好きな時に出勤が許されるのが大きな特徴ですが、高級デリヘルに関する限り、当欠は許されないと考えるべきです。
特に、シティホテル限定で派遣される高級デリヘルや高級ホテヘルについて当欠は大問題になります。

風俗嬢がホテル料金を請求されかねないので、当欠は避けるべきなのです。

当欠しそうなら、大衆店への移籍を検討しよう

自由な風俗業界にあって例外的な存在が高級店です。
高級店は店舗型、派遣型のいずれでもルールやマナーに厳格で、風俗嬢の自由勝手な行為に厳しく対処します。

当欠や無断欠勤、遅刻等のルール違反に厳しく、仮に風俗嬢が当欠してしまうと、一発解雇されても言い訳できません。
この点、大衆店はそれほど厳しくありません。
実際、当欠することが多い風俗嬢が在籍している大衆風俗店もあります。
もちろん、当欠したら叱責されたり、干されたりするリスクは発生しますが、解雇まではいきません。

風俗業界で働く女性の中には自己管理が苦手で、どうしても当欠してしまう人がいます。
そんな自己管理が苦手な女性は、大衆店の方がお気楽に働けます。
もし、高級店に所属しているのなら、大きなトラブルを引き起こす前に大衆店への移籍を検討すべきです。

まとめ

自由出勤制の風俗には自由なイメージがあるので、風俗嬢は好きな時に当欠できると考えてしまいがちです。
でも、風俗では原則として当欠は許されず、特に高級店での当欠は大問題とされてしまいます。
高級風俗店はマナーやルールに厳しく、風俗嬢が自分勝手に確定した出勤シフトを破ってしまう事は許されません。
特に、前日から指名の予約を受け付ける高級店では、指名キャンセル問題やホテル費用の問題が発生するので、当欠や無断欠勤については厳しく対処されます。

高級店で当欠すると、クビになってもおかしくありません。
この点、大衆店より高級店は厳格です。
自己管理が苦手な女性が風俗で働くなら高級店より大衆店を目指した方が、お気楽に働けるのでおすすめです。

コメント