自由出勤な風俗だからこそ可能な働き方

未分類

風俗店の多くでは自由出勤制が導入されているので、風俗嬢の意志が尊重され、女性は自由に出勤シフトを決定できます。
風俗であれば、女性の働きたいペースで働けるだけではなく、出勤時間や待機スタイルなどを自由に選択できます。
多彩な出勤スタイルが選択できるので、シングルマザーなど様々な事情を抱える女性であっても風俗なら働けます。

ここでは、風俗における自由出勤制の特徴や、風俗で選択可能な多彩な働き方について紹介させて頂きます。

風俗における自由出勤制の特徴

風俗における大きな特徴の1つが自由出勤制が導入されているという点です。
自由出勤制の風俗であれば女性の意志で出勤シフトを組めるので、好きなタイミングで休むことができ、自由勝手なわがまま出勤が可能となります。

そして、女性の自主性が尊重される風俗では待機時間も自由に過ごせます。
この点が、同じナイトワークでもキャバクラと違う大きな特徴です。

自由出勤制では風俗嬢がシフトを決定できる

一般のお仕事で働く契約社員やバイトは基本的に出勤シフトが固定されています。

特に、接客業だと土日のいずれかは出勤する義務があり、週に最低1日8時間は出勤しなければならない、など出勤に関するルールが厳密に定められています。
でも、風俗業界は自由出勤制なので、このようなシフトに関する制約はありません。
基本的に風俗業界は女性が自分で出勤シフトを決定できるので、好きな時に出勤して好きな時に休めるのです。
もちろん、店舗型風俗店では個室の制約があるため、無条件に出勤希望が通るわけではありません。

事前にスタッフが風俗嬢の出勤希望を調整した上で出勤シフトが決定されます。
また、決定された出勤シフトについては原則として守る事が求められます。
それでも、女性の意志で出勤シフトが決められるので、いつでも長期休暇を取得でき、無理して出勤する必要はありません。

風俗が自由出勤制なのは風俗嬢が個人事業主のため

普通の職場と違って風俗で自由出勤制が導入されている大きな理由は、風俗嬢が労働者ではないからです。
一般の職場で働く会社員やバイトは、会社に雇用された労働者という立場です。
定められた時間の労働が義務付けられ、その労働時間に応じてお給料を受け取るのが普通の会社員やバイトです。
でも、風俗嬢は個人事業主という立場です。

風俗嬢は風俗店のお仕事を請け負って働く個人事業主という立場で、お給料は歩合制で受け取ります。
風俗では労働時間に応じてお給料をもらうのではなく、実施した仕事数に応じてお給料を受け取るシステムとなっています。
そこで、個人事業主な風俗嬢に対して、風俗店の店長やオーナーは命令できず、風俗嬢は働く、働かないを自分の意志で決められるのです。
なお、風俗では風俗嬢が男性客をNG指定して接客拒否できる場合が多くなっています。

この接客拒否も風俗嬢が個人事業主だから出来る事です。
風俗では、女性の意志が何より優先されるので、風俗店が出勤を強制する事ができないのです。

待機時間を自由に過ごせる

風俗では歩合制なので、待機時間にお給料は発生しません。

そこで、風俗では待機時間は自由に過ごせます。
この待機中の過ごし方はキャバクラと風俗で大きく違っているので、ナイトワークに関心のある女性は正しく知っておく必要があります。
時給制で働けるキャバクラでは待機中もお仕事の内です。
待機中、お客さんにメールや電話を入れて営業活動を行ったり、店内の雑務を行い来客に備えなければなりません。

キャバクラ嬢は待機中を自由に過ごす事はできないのです。
一方、風俗では待機中の風俗嬢に風俗店は何も要求できないので、自由に過ごせます。
スマホで遊んでいても、眠っていてもよく、女性の好きなように過ごせるのです。
この待機中何をしても許される、というのも風俗で働く大きなメリットの1つです。

風俗で選択できる多彩な出勤スタイル

女性の意志が尊重され自由出勤制が導入されている風俗では、多彩な出勤スタイルを選択可能です。
必ずしも風俗店まで出勤しなくてもお仕事できるので、女性の事情に応じた働き方を選択できます。

個室待機で自由に過ごす

ソープやファッションヘルスのような店舗型風俗店で働くなら、個室待機が基本です。
プライベートな空間が確保された環境で待機できるので、同僚風俗嬢と顔を合わせたくない女性に最適で、1人きりで時間を過ごしたい女性に向いています。
また、ベッドもあるので眠りながら待機することもでき、勉強や読書も自由にできます。
資格取得したい女性や、自力で学費を捻出しながら大学に通う女性に向いた働き方です。

店外待機でリラックスして過ごす

デリヘルやホテヘルのような派遣型風俗店では、必ずしもお店まで出勤せず、店外待機できるケースも良くあります。
風俗店近隣のレストランやカフェ、ファストフード店で女性が自由に待機し、指名が入った時に電話やメールで連絡を受け、直接お仕事に向かう、というような働き方です。
この店外待機も自由に過ごしたい女性向きのやり方です。

店内待機に比べ好きな場所で過ごせる分リラックスしやすく、時間を有効活用できます。
また、デリヘルの中には、ネットカフェと提携していて待機時間中の利用代について負担してくれる所もあります。
わざわざ風俗店まで出向きたくないという女性に店外待機はおすすめのやり方です。

究極的に自由な自宅待機

デリヘル店の中には、自宅待機ができるお店があります。
自宅待機は文字通り、女性が自宅で待機するというやり方です。
指名が入ると送迎車が女性の自宅まで向かいに来てくれ、それに乗ってお仕事に向かいます。
自宅に滞在したまま仕事が取れるやり方なので、家事や育児に忙しい専業主婦やシングルマザーに向いた働き方です。

自宅待機中は自宅で自由に過ごしている状態なので、肉体的、精神的にまったく負担になりません。
自宅待機ならば出勤日数を増やしやすいので、お仕事を取れる可能性を効果的に高められます。
さらに、自宅まで送迎車が向かいに来てくれるので、面倒くさがりな女性でも問題なく、規則正しい生活が苦手な女性に向いています。

集中的に稼ぐなら出稼ぎというやり方も

2週間やひと月程度に限って風俗で稼ぐというやり方をするのであれば、出稼ぎがおすすめなやり方となります。
出稼ぎは女性の居住地とは違う遠方の風俗店に短期限定で所属して、集中的に稼ぐというやり方です。
定められた勤務期間が終了すれば、その風俗店を辞める事ができます。
そこで、長期休暇中の大学生や離婚したばかりで人生をリセットしようとする女性に向いた働き方です。

出稼ぎはジャンルを問わず規模の大きな風俗店で受け入れています。
行き場のない女性向けにワンルームマンションを用意していて、旅費や宿泊費の援助をしてくれる風俗店もあり、一文無しの女性でも入居可能です。
様々な事情で住む所に困ったら、出稼ぎ可能な風俗店に頼ってみるのも良いでしょう。

まとめ

風俗業界で働く風俗嬢は、独立した立場で働く個人事業主という立場です。
風俗嬢は風俗店に雇用された労働者ではないため、風俗店のオーナーや店長と言えど風俗嬢に命令することはできません。
そこで、風俗嬢は自分の意志で勤務スケジュールを決定でき、風俗では自由出勤制とされているのです。
そして、自由出勤制な風俗では、風俗嬢は自由に待機する事が許されます。

眠っていても、スマホで遊んでいてもよく、何をしても大丈夫なのです。
さらに、風俗では様々な待機スタイルを選択できます。
個室待機の他に店外待機や自宅待機など、女性の事情に応じた待機スタイルを選択できるので、シングルマザーのように育児や家事に忙しい女性でも子育てと風俗勤務を両立できます。
自由が尊重される風俗業界では、女性の事情に応じた働き方が可能な風俗店を見つける事ができるのです。

コメント