罰金がない風俗店なら、自由に当欠して大丈夫ですか?

未分類

風俗業界では罰金がないのが基本です。
そこで、罰金がない風俗なら、どれだけ女性が当日欠勤しても制裁されずに済むので自由に働ける、と考える女性もいるかもしれません。
でも、罰金がない風俗業界でも、風俗嬢が当欠すると様々なデメリットをこうむります。

風俗で働くなら、なるべく当欠は避けるべきなのです。
ここでは、罰金のない風俗であっても当欠を避けるべき理由と、当欠しないための対策について紹介したいと思います。

風俗店では罰金が少ない理由

ナイトワークを代表するのが風俗店キャバクラです。

両者は良く混同されますが、女性キャストのお給料の受け取り方に違いがあり、この違いに基づき罰金の有無にも差が生じています。
キャバクラに罰金はつきものですが、風俗では罰金は稀なのです。

時給制のキャバクラには罰金がある

キャバクラは時給制のお店です。

キャバクラ嬢は出勤時間に応じてお給料を受け取れる一方、お客さんを来店させる営業努力が必要です。
そこで、キャバクラ嬢には指名ノルマが課されます。
ここで、指名ノルマが達成できないキャバクラ嬢は罰金の対象とされ、お給料が減額されてしまうのです。
キャバクラに罰金制度が導入されているのは、お店の売上に貢献できないキャバクラ嬢に高いお給料を支払うことを避けるためです。

キャバクラでは、指名ノルマを達成できないキャバ嬢について高い時給を払うのをさけるために、罰金制度が導入されているのです。

風俗では罰金がないのが基本

キャバクラは時給制ですが、風俗は歩合制です。
風俗では風俗嬢がこなした仕事数に応じて稼げるシステムとなっています。

風俗嬢がいくら長時間出勤して待機していても、風俗店の人件費は発生しません。
風俗嬢に関して人件費の問題が発生しないので、風俗店は指名ノルマで風俗嬢を締め付ける必要がなありません。
そこで、指名ノルマが風俗ではないのです。
さらに、歩合制の風俗では、指名が取れる女性ほど自然に稼げるので、あえて罰金を科すことで風俗嬢のお給料に差をつける必要もありません。

このような理由で風俗では罰金制度ないのが原則とされているのです。
指名ノルマがない風俗では、罰金がないのが普通です。

例外的に罰金がある風俗店もある

ただし、すべての風俗店で罰金がない、というわけではありません。

風俗店のオーナーや店長の考え方次第では、風俗店でも自由に罰金が導入でき、ルールが厳しい風俗店では例外的に罰金がある所もあります。
ただ、罰金は直接風俗嬢から徴収されるのではなく、支給されるお給料の金額から一定金額が差し引かれる形で請求されます。
また、罰金の一種として、基本バックが減額される場合もあります。
インターネットが発達した現在では、ある風俗店が罰金制度を導入すると、女性の間に悪い噂が流れて求人に対する募集が集まらなくなってしまいます。

そこで、普通の風俗店は罰金を請求しません。
ただし、極端なルール違反や問題行動を起こした場合、罰金が請求される可能性はあります。
風俗では罰金が絶対ない、という訳ではないので、ルール違反を犯さないように注意が必要です。

当欠する事の問題点

当欠は当日欠勤の略ですが、風俗で働く女性の中には当欠を繰り返す女性がいます。
一般の会社組織とは異なり風俗では、当欠しても厳しく叱責されず、罰金も科されない場合が多いので、平気で当欠してしまう風俗嬢がいます。
ただし、罰金が請求されなくても当欠すると、結果として風俗嬢の稼ぎに影響が生じます。
稼ぎづらくなってしまうので、当欠は避けるべきなのです。

自由出勤制でも当欠は避けるべき

多くの風俗店では自由出勤制が導入されています。
自由出勤であれば、自由勝手に休むことが許されるので当欠しても大丈夫、と考える女性がいますが、それは違います。
自由出勤制は、出勤予定を組む際に女性の希望通りにシフトが組める、というものです。

調整されて決定した出勤シフトについては原則として守らなくてはなりません。
当欠は、女性が自分で希望した出勤日を欠勤してしまう事で約束を破る行為です。
自由な風俗業界のおいても当欠は認められないのです。

当欠するとお客さんと風俗店に迷惑がかかる

風俗店も広い意味でサービス業に属しています。
お客さんあってのビジネスなので、お客さんに迷惑を欠ける行為は好ましくありません。
風俗嬢が当欠すると、その女性を指名したお客さんの予約を断らなければなりません。
男性客は風俗を特別なものの捉えています。

サービス料金が高額で、毎日のように利用することはできないからです。
ボーナスが支給された後や、仕事の忙しさが一段落した時、特別な楽しみとして男性客が風俗店を利用しようとしている時、風俗嬢の自己都合で当欠されてしまうと男性の多くは失望してしまいます。
そのお店を二度と利用しなくなる恐れもあるので、風俗店の評判にも影響を与えます。
また、風俗嬢が当欠してしまうと、風俗店のスタッフは別の風俗嬢を斡旋したり、謝罪する必要に迫られます。

当欠されると風俗店の収益に影響が出るだけではなく、スタッフに余計な仕事も増やす結果となってしまうのです。
当欠はお客さんと風俗店の双方に迷惑をかける行為なので、基本的に許されません。

当欠を繰り返すと稼げなくなる理由

当欠が風俗店やお客さんに迷惑をかけるとしても、罰金の対象とならなければ大丈夫と考える風俗嬢もいるかもしれません。

でも、当欠を繰り返すと稼げなくなります。
風俗嬢にも悪い影響を及ぼすので、身勝手な行為は改めるよう心がけましょう。

稼ぎ時に出勤できなくなる

風俗店が忙しくなるのは夜と休日です。

これは、風俗の利用客の多くがサラリーマンだからです。
そこで、風俗で稼ぎたい女性は、稼ぎ時である夜や休日には積極的に出勤したいものです。
ただ、頻繁に当欠するような女性は、稼ぎ時の出勤が認められなくなります。
お店にとって最も貴重な稼ぎ時に、勝手に休まれる可能性があるからです。

店舗型風俗店では個室数に限りがあるので出勤スケジュールの調整が厳しく行われます。
当欠する風俗嬢と真面目な風俗嬢が同じ時間帯に出勤希望を出し、どちらかを選択する必要に迫られた場合、風俗店のスタッフは当然、真面目な風俗嬢を選択します。
真面目な風俗嬢は当欠や遅刻することなく、きちんと出勤してくれるのでお店の収益獲得が見込まれるからです。
当欠するような不真面目な女性は、出勤希望が認められづらくなるので、注意が必要です。

干される危険性が生じる

風俗店では罰金制度が原則としてありませんが、その代わりに干されるという問題点があります。
問題のある風俗嬢のフリー客を取る順番を後方にまわしてしまうことで、制裁を科す場合があるのです。
干されてしまうと、いくら出勤してもフリー客がなかなか獲得できず、思うように稼げなくなります。

指名が取れる女性であれば問題ありませんがフリー客に頼る風俗嬢だと、待機ばかりが続くようになり、まったく稼げなくなる可能性もあります。
風俗で働く目的を達成できなくなるので、当欠を繰り返してはいけません。

出勤停止やクビになる可能性も

風俗嬢は個人事業主という立場で、風俗店からお仕事を斡旋されて働いています。

お仕事の発注を受けて働く、という立場なので、いつでも風俗店の事情で、そのお仕事の発注は止められます。
つまり、風俗店のオーナーや店長の怒りを買えば、風俗嬢はすぐに解雇されてしまうのです。
当欠はお客さんや風俗店に迷惑をかける行為で、お店の評判を傷つける可能性がある問題行為です。
ランクの高い高級風俗店では、お店の品位や格式を重視するので風俗嬢の身勝手な行為に対して厳しく処罰する傾向にあります。

高級店では、当欠した風俗嬢に対して他の風俗嬢に対する見せしめ、という意味合いからも厳しく処罰する可能性があり、いきなり解雇される危険性もあるのです。
いきなりお店をクビにされても文句は言えないので、当欠しないよう注意が必要です。

固定客、常連客を失う可能性もある

風俗店をクビにならなくても、当欠してしまうと常連客を、他の同僚女性に奪われる危険性が生まれます。

女性が無断欠勤したり、当欠する連絡が送れてしまうと、風俗店のスタッフは普通に女性の出勤予定をホームページで公開してしまいます。
それを見た常連客が、女性の出勤時間に合わせて指名予約を入れると、女性が当欠する事を知らないスタッフは指名を受け付けるので、常連客は普通に来店してしまいます。
ここで、出勤時間になっても女性が現れず、5分、10分待っても女性と連絡がつかなければスタッフは別の風俗嬢をおすすめします。
お店の売上につながるからです。

せっかくお金と時間を用意して来店した男性客はサービスを受ける気持ちが強いため、おすすめされた別の風俗嬢に入る可能性があります。
そうして常連客が別の風俗嬢の接客を受けてしまう事で、常連客を失う可能性が生じるのです。
風俗では定期的に指名を入れてくれる常連客は稼ぎにとって重要な存在ですが、当欠してしまうと、そんな常連客を失う危険があるのです。

当欠をさけるための方法

風俗で安定的に稼ぎ続けたいなら、当欠はできるだけ避けなければなりません。
やむを得ない事情で当欠しそうになったら、すぐに連絡を入れるよう心がけましょう。
また、生活のリズムを安定させれば、不用意な当欠は避けられます。
それでも当欠してしまうなら、当欠するリスクの少ない風俗店への移籍を検討しましょう。

連絡を入れて無断欠勤を避ける

寝坊や体調不調で当日欠勤しそうになったら、必ず風俗店へ連絡を入れるよう心がけましょう。
当欠と無断欠勤の違いは連絡の有無ですが、無断欠勤の方が悪質で、風俗店への影響も大きくなります。
連絡さえ入れておけば、たとえ女性が当欠しても、風俗店のスタッフは対応できます。

公開されている出勤スケジュールを取り消し、指名の受付を停止することで被害は抑えられます。
無断欠勤だと、スタッフが風俗嬢に連絡を入れなければならず、送迎ありの場合には送迎車が女性の自宅まで迎えに来るかもしれません。
当日欠勤するにしてもスタッフの仕事を増やさないよう、事前に連絡を入れる必要があるのです。

出勤時間を固定し、生活のリズムを安定させる

自由出勤制の風俗では、出勤時間を女性の希望に添って決められます。
いつでも好きな時に働けるのは風俗の良いところですが、出勤時間帯が定まっていないと生活のリズムが狂って寝坊しやすくなり、体調不良の原因ともなります。
そこで、風俗専業で働くのなら、出勤時間帯を定める事がおすすめです。
昼の1時、とか夜の7時とか出勤時間が定まれば、逆算して起床する時間を決められます。

そうすれば、毎日の睡眠時間も決まるので、寝坊せずに済むはずです。
生活リズムが崩れてしまうと、どうしても当欠しやすくなります。
当欠をさけるには、規則正しい生活を送るように心がけましょう。

自宅待機できるデリヘル勤務を検討する

当欠の問題が発生しやすいのは、個室で接客する店舗型風俗店です。
デリヘルのような派遣型風俗店では個室を埋める問題がなく、風俗嬢が当欠しても、指名予約さえ入っていなければ大きな問題とはなりません。
そして、デリヘルの中には自宅待機できるお店もあります。
お仕事が入った時に自宅まで送迎車が向かいに来てくれるので、女性が在宅さえしていれば、送迎車でお仕事に行けます。

自宅待機できるデリヘルに所属すれば、遅刻の問題を避けられるので、規則正しい生活が難しい女性におすすめです。

出勤したくないなら、移籍を検討しよう

所属している風俗店のお仕事が合わなかったり、風俗店のスタッフとの関係が悪いと、風俗嬢は出勤したくなくなります。
そして、出勤したくない、という気持ちが強くなって、当欠してしまうのです。

精神的な理由で当欠するようであれば、その風俗店が合っていない可能性が高く、お店の移籍が必要です。
幸い、風俗業界は移籍しやすく、女性にとって風俗店の選択肢はほぼ無限にあります。
サービスがもっと楽な風俗店や、女性に配慮されたお店はいくらでもあるので、働きづらいお店に無理して所属し続ける必要はありません。
出勤したくない、という気持ちが強く感じられたら精神を病んでしまう前に、移籍しましょう。

まとめ

風俗店はキャバクラと異なり、罰金制度がないのが原則です。
ただ、罰金のない風俗とは言え、当欠は避けるべきです。
風俗嬢が当欠してしまうとお客さんと風俗店に迷惑をかけてしまいます。

その結果、干されたり、稼ぎ時の出勤が認められなくなって、稼ぎづらくなる可能性が生じます。
当欠を避けるためには、規則正しい生活を送るように心がける事が第一に重要です。
毎日の起床時間と出勤時間が定まれば、遅刻したり、寝坊するのを避けれるので、当欠も自然と減るはずです。
また、お仕事に行きたくない、という気持ちが強いなら、風俗店の移籍を検討しましょう。

仕事内容が女性に適した風俗店に所属できれば、苦手意識も減って、当欠するような事態は避けられます。

コメント