自由出勤な風俗でも当欠がNGな理由

未分類

多くの風俗店では自由出勤制が導入されています。
自由出勤制と聞くと、風俗嬢の希望通り自由に出勤でき、いつでも自由に休めると思われがちです。
でも、実際は違います。

自由出勤制でも確定した出勤スケジュールは守るのが原則なので、当欠は基本的にNGです。
ここでは、風俗における自由出勤制の詳しい内容と、風俗でも当欠がなぜNGとされるのか、説明したいと思います。

風俗における自由出勤制とは

風俗店の多くは自由出勤制というのをアピール材料としており、多くの女性を勧誘しています。

確かに風俗業界は、一般の職場に比べてはるかに自由で、固定した出勤シフトで働く必要はありません。
ただ、自由出勤だからと当日欠勤したり無断欠勤すると、ペナルティの対象となる恐れもあるので、注意が必要です。

自由出勤制では自由に出勤シフトが組める

風俗では、風俗嬢の出勤シフトを組むために、出勤希望の定期的なヒアリングが行われます。

そして、提出された出勤希望をスタッフが調整し、風俗嬢の出勤日と出勤時間帯が確定します。
通常のバイトや契約社員のお仕事だと、出勤する曜日や時間帯があらかじめ固定しており、自由に出勤シフトを移動させる事が難しいものですが、風俗ではこの出勤シフトを自由に組めるのです。
事前に申請さえしておけば、いくらでも風俗嬢の希望に応じて休みを増やすことができ、突然、長期休暇を取ることも許されます。
これが、風俗における自由出勤制の大きな特徴です。

自由出勤制の風俗業界なら、風俗嬢の意志で出勤日や休日を決定することができるので、柔軟な出勤スタイルで働けるのです。

当欠は確定した出勤シフトを破る事

ただ、自由出勤制の風俗店でも、確定した出勤シフトについては守らなければなりません。
風俗店の多く、特に個室で接客する店舗型風俗店では、所属風俗嬢の希望を調整しながら、出勤風俗嬢の穴が空かないように、出勤シフトを決定しています。

ここで、突然、風俗嬢が当欠してしまうと、所属風俗嬢の出勤シフトに穴があいてしまいます。
最悪の場合、風俗店が開店休業の状態に追い込まれてしまうのです。
そこで、自由出勤制の風俗店であっても当欠については許されないのが大原則とされています。
もちろん、急病や身内の不幸、交通機関の事故などといった諸事情により出勤が難しいという場合、きちんと連絡さえすれば問題なしとされる場合もあります。

ただ、急なトラブルで休む必要がある場合にも、かならず連絡を入れる事が必要です。
無断欠勤してしまうと、お店に大きな負担をかけてしまうので、連絡だけは必ず入れるよう心がけましょう。

派遣型では非出勤日の出勤が認められる

自由出勤制の風俗では一般のお仕事とは異なり、事前に休みとして申告した日に、突然出勤するのは認められる場合が多くなっています。

派遣型風俗店のデリヘルやホテヘルでは個室の問題がないので、多くのお店で突然の出勤は認められます。
もちろん、その日にお店に連絡を入れて出勤状態にしてもらう必要はありますが、お店にとっても売上が向上するため、出勤を増やす場合は大歓迎してもらえるのです。

例外的に当欠を許すデリヘルもある

自由出勤制の風俗でも、当欠してはNGというのが大原則です。

ただし、結局のところ風俗店のルールはオーナーや店長によって左右されるので、風俗嬢の当欠に対して甘いお店もあります。
特に、多くの風俗嬢が所属しているデリヘルの中には、当欠しても厳しく叱責されないお店もあり、事実上、当欠できる風俗店も例外的にあるのです。
所属風俗嬢の数が多ければ、1人の女性が突然欠勤したところでお店の売上に大きな影響が生じず、経営上の問題とはならないからです。
ただし、それでも無断欠勤はNGです。

無断欠勤すると、風俗嬢が休むことをお店が知らされず、指名客の予約を受け付けてしまうからです。
ただ、基本的に店舗型風俗店での当欠は許されないと考えるべきです。
店舗型風俗店では、所属女性が出勤して待機していないと、ふらりと来店するフリー客に対して対応できないからです。
当欠できる風俗店はあくまで例外的な存在、と覚えておくと良いでしょう。

高級店では当欠は許されない

風俗店はサービス料金に応じてランク分けされており、中でも格式が高いのが高級風俗店です。
高級店ではお店のジャンルを問わず、風俗嬢の当欠は許されません。
風俗の中でも風俗嬢のマナーや態度にうるさいのが高級店です。

真面目に出勤しない女性に対して厳しく対処するのが高級店なので、当欠についても厳しく叱責されます。
無断欠勤であれば即日で解雇されてもおかしくなく、当欠についても出勤停止や出勤日が減らされるなどの処罰が下される危険性があります。
高級店は風俗嬢のルール違反に特に厳しいので、高級店で働く場合には当欠しないよう心がけましょう。

細かな出勤規則については面接時に確かめよう

風俗店の出勤に関する規則についてはお店の経営方針や経営者の人柄によって左右されます。
それぞれのお店によってルールは異なり、実際のところは入店してみないとわかりません。
そこで重要となるのは、面接時に出勤規則について確かめる事です。
当欠や遅刻したらどうなるのか、やむを得ない事情でお休みしたい時どのように連絡を入れれば良いのか、面接時に尋ねてみましょう。

良心的なお店であれば、お店の営業開始時間前に連絡を入れれば、問題なく休める場合もあります。

当欠が風俗嬢にもたらす不利益

当欠は風俗店だけではなく風俗嬢に対しても不利益をもたらします。
風俗嬢が風俗で働く第一の理由は稼ぐためですが、当欠を繰り返していると、稼げなくなってしまうのです。

風俗で効率的に稼いでいくためには、当欠してはならないのです。

当欠するとお給料が稼げない

風俗におけるお給料は出来高制、歩合制で支払われます。
当日欠勤すると、当然、その日のお給料は稼げません。

日給保証のような手厚い待遇を用意して風俗嬢に配慮しているような風俗店であっても、当欠した風俗嬢に対してお給料を支払うことはありません。
風俗に有給休暇はないのです。
1日当欠したら、1日分お給料が減ります。
当欠すればするほど、本来稼げるはずのお給料が稼げなくなってしまうのです。

当欠は、風俗嬢が稼ぐチャンスを自ら捨てる事に他なりません。
それでは風俗で働く意味がなくなってしまいます。
風俗で働く女性はすべて、お金を稼ぎために風俗入りしているはずです。
その目的を達成できなくなるので、当欠してはならないのです。

当欠すると干される危険性が生まれる

風俗店の規模によって異なりますが、風俗店1店舗あたり10人以上の風俗嬢が所属しているのが普通です。
風俗嬢にとっては、所属風俗嬢の数だけライバル女性がいる、という事になります。
ここで、風俗店は風俗嬢のお店への貢献度を集計し、格付けしています。

主に風俗嬢の評価基準は指名の獲得数ですが、当然、真面目に出勤しているかどうかも風俗嬢の評価基準に含まれます。
ここで、当欠をするような風俗嬢は、真面目さに欠ける女性として風俗店から評価されません。
店長やスタッフの立場からすれば、出勤シフトを守って真面目に出勤してくれる風俗嬢は頼りになる存在ですが、当欠を繰り返すような風俗嬢は頼りにできません。
風俗嬢の客引きの力が同等であれば、当然、店長やスタッフは真面目な風俗嬢の方を優先するようになります。

フリー客を真面目な風俗嬢の方へ優先的に回したり、真面目な風俗嬢の出勤希望から認めるようになって、当欠するような風俗嬢は優先度が落とされます。
最悪の場合、干されてしまい、出勤してもなかなかフリー客を回されなくなります。
どのような職場でもそうですが、真面目な人間と不真面目な人間だと、真面目な人間が評価されるのは当然です。
当欠する風俗嬢と当欠しない風俗嬢では、当欠しない風俗嬢の方が評価され優遇されるので、当欠はNGなのです。

当欠はプロ意識の欠如の証拠

当欠の多い風俗嬢には共通する問題点があります。
それは、プロ意識を欠いているという点です。
どんなお仕事でもそうですが、当欠するような人に高いサービスは期待できません。

出勤するのが決まっているのにそれを当日になって休むような女性は、風俗嬢として失格なのです。
風俗のお仕事に対して消極的だと、どうしても当欠や欠勤が多くなってしまいます。
プロ意識に欠けた風俗嬢は、お仕事に行きたくない、という気分が強くなると、勝手にお休みしてしまうのです。
当欠するような女性は、風俗店でのサービスについても消極的なので投げやりな態度で接客します。

お客さんをフィニッシュさせれば良いという、いい加減な態度で接客するので当然、指名もつきません。
風俗のお仕事を好きになるのは難しいかもしれませんが、風俗業も接客業である以上、男性の事を優先すべきです。
風俗嬢が自分の感情、気持ちを優先して当欠するようだと、その気持ちが接客内容に表れてしまいます。
真面目に出勤できる風俗嬢は、自分を犠牲にして男性客に対して貢献しています。

男性客に対して誠心誠意、丁寧なサービスを尽くせるので、地道に指名を増やせていけるのです。
でも、当欠するような不真面目な態度で接客する風俗嬢は、そのいい加減な態度が接客に表れるので、指名が増やせません。
風俗業界における当欠は小さな問題と捉えられがちですが、そうではありません。
出勤に対する姿勢は、風俗勤務に対する風俗嬢の姿勢を表すものです。

当欠の多い風俗嬢は不真面目なので、指名が取れず稼げません。
風俗で稼ぐためには指名が必要ですが、そのためには、当欠するような不真面目な態度から改めなければならないのです。

風俗嬢が当欠を避けるために必要な事

風俗で稼ぎたいなら、当欠は避けなければなりません。

当欠に慣れてしまうと、干されて解雇される危険性が生じるだけではなく、いつまで経っても稼げないので風俗卒業が遠のいてしまいます。
当欠を避けるためには、風俗勤務に対する気持ちを変える必要があります。
前向きな気持ちで出勤できるようになれば、当欠は自然と減ってゆくはずです。

前向きな気持ちで風俗勤務に励む

風俗嬢が当欠してしまうのは、お仕事に行きたくない、という気持ちを抱いてしまうからです。
確かに風俗勤務は身体的、精神的な負担が大きいので、行きたくないという気持ちも良くわかります。
でも、行きたくないという理由で出勤しなければ、いつまで経っても稼げず、風俗から卒業することができません。
そこで、気持ちを切り替えて対処しなければならないのです。

前向きな気持ちで出勤できるようになれば、風俗勤務が楽になるはずです。
そのためには、男性客に気持ちを寄せるよう配慮すべきです。
本当は男性客対して好意を寄せられれば良いのですが、それは難しいはずです。
でも、感謝の気持ちなら持てるはずです。

男性客は苦労して稼いだ大金を使って、女性に会いに来てくれます。
風俗店のサービス料金は高額で、決して安くはない金額が必要です。
そして、男性客が落としてくれたお金の一部が、風俗嬢のお給料になるのです。
このように考えれば、男性客に対して自然と感謝の気持ちを抱けるはずです。

そして、風俗嬢のサービスで男性客が満足してくれた事を、女性自身の喜びとしましょう。
男性客が女性に対して満足してくれた事を、風俗嬢の喜びにできれば、風俗勤務にやりがいが生まれます。
そうしたら、つらい風俗勤務も平気になって前向きに出勤できるようになるはずです。
当欠を減らすためには、気持ちの切り替えが大切なのです。

現金収入を励みとする

どんなに頑張っても、男性客に気持ちを寄せるのが難しいという風俗嬢もいるはずです。
そんな女性は、現金収入を励みとしましょう。
幸い、風俗勤務では現金収入が得られます。

出勤日がお給料日で、働いた分だけお金が貰えるのが風俗の良いところです。
この現金収入を目標にしてしまえば良いのです。
日給や月給について自分で目標金額を定め、その実現のために出勤するよう頑張ってみましょう。
このように、稼ぐべき金額について目標が定まれば、目標達成のために頑張れるはずなので、その日の気分によって当欠するような事態は避けられます。

また、稼ぐべき目標金額を決めれば、無駄遣いも減らせるので、お金を効果的に貯蓄できるようにもなります。
苦労した分だけ稼げるのが風俗の良いところで、風俗嬢の苦労は現金収入として報われます。
1日にどれだけ稼げるかをミッションとして自分に課し、そのクリアを目指すようにすれば、当欠するような事態は自然と避けられるはずです。

まとめ

自由出勤制の風俗であっても、当日欠勤は原則として許されません。
当欠すると風俗店やお客さんに迷惑をかけるだけではなく、お給料が稼げなくなるので風俗嬢にとっても問題となります。
当欠の多い風俗嬢は、気持ちの切り替えが苦手な女性たちです。
男性客よりも、風俗嬢の気分や気持ちを優先してしまうので、何となく出勤したくないという理由で当欠してしまうのです。

ただ、歩合制の風俗で当欠を繰り返しては、いつまで経っても風俗から卒業できません。
当欠を減らすためには、気持ちの切り替えが必要です。
男性客に気持ちを寄せ、男性客が満足してくれる事を風俗嬢の喜びとできるよう、意識してみましょう。
また、毎日の現金収入を励みとし、稼ぐ金額に目標金額を設定しても良いでしょう。

前向きに働けるようになったら、気分に左右されずに真面目に出勤できるようになるので、自然と当欠は減らせるはずです。

コメント