男性スタッフとの関係に悩む風俗嬢は、どうすべきですか?

未分類

風俗で働く風俗嬢にとって、案外難しいのが男性スタッフとの関係です。
男性スタッフは風俗嬢にお仕事を斡旋する大切な役割を担います。
男性スタッフとの関係が悪化すると、思うように仕事が回されなくなったり、意地悪されたりして風俗勤務が難しくなります。

また、男性スタッフから言い寄られたり、恋仲になるもの難しい問題です。
ここでは、男性スタッフとの人間関係に悩む風俗嬢のために、男性スタッフとの間に生じた問題の解決方法について説明させていただきます。

男性スタッフとの関係が重要な理由

風俗で稼いでいくためには、男性スタッフと良好な関係を築かなければなりません。

男性スタッフは風俗嬢にお仕事を手配し、男性客に風俗嬢をおすすめしてくれる存在です。
さらに、風俗嬢が危険な目に遭うことを防いでくれる存在で、風俗嬢が風俗の世界で安心して働けるようにしてくれています。
風俗嬢は何かと男性スタッフを軽視しがちですが、稼ぐためには男性スタッフとの関係が重要なのです。

男性スタッフはお仕事を手配してくれる

風俗では女性が直接男性とやり取りするわけではありません。
風俗店へ来店した男性客に対して風俗店のスタッフが対応し、風俗嬢を紹介するという形で風俗嬢はお仕事を請け負います。
風俗店のスタッフ無くして風俗嬢はお仕事できないのです。
スタッフの存在が特に重要となるのは、フリー客の取り扱いについてです。

フリー客に対してスタッフは、その男性の好みを聞き取ります。
身長や胸の大きさなど、好みな女性のタイプをスタッフはヒアリングし、出勤している風俗嬢の中から、男性の希望に応じた風俗嬢を選択します。
このようにフリー客については、担当する風俗嬢をスタッフが選ぶため、スタッフと良好な関係を築けていないとまずいのです。
また、風俗嬢の出勤スケジュールを調整し、出勤日を決定するのもスタッフの役割です。

スタッフと関係が悪化すると、思うように出勤できずに稼ぎづらくなってしまいます。
風俗で稼いでいくためには、スタッフと良好な関係を築く必要があるのです。

男性スタッフは風俗嬢を守ってくれる存在

風俗店の男性スタッフは、お客さんとのトラブルを未然に防いでくれます。

お客さんが泥酔していたら風俗嬢が対応する前に、風俗利用を断ってくれます。
また、風俗嬢が危険な目に遭いそうになったら、駆けつけて風俗嬢の身を守ってくれます。
さらに、正規の料金を支払わない男性客に対して、きちんと請求してお金を支払うように要求してくれるなど、金銭面でのトラブルにも対応してくれます。
このように男性スタッフがお客さんと風俗嬢との間に入ってくれるので、風俗嬢は安心して風俗の世界で働いていけるのです。

性に関するビジネスでありながら安全な環境で働けるというのが、正規の風俗店で働く大きなメリットの1つです。
男性スタッフは安心して働ける環境づくりに貢献してくれるのです。

男性スタッフとトラブルになった場合の対処法

風俗嬢が職歴、学歴不問で働けるように、風俗店の男性スタッフも職歴、学歴不問で働けます。

中には、人格的に問題があったり、セクハラしてくる男性スタッフもいるため、男性スタッフとの関係で苦労する風俗嬢も少なくありません。
男性スタッフとトラブルになったら積極的に行動に出て、事態の打開を図らなければなりません。
我慢し続けても状況は改善しないため、最悪の場合にはお店の移籍も検討しましょう。

オーナーや店長への相談する

特定の男性スタッフとトラブルになったら、その男性スタッフの上位者であるオーナーや店長への相談が手っ取り早い対策です。
特に、セクハラやお給料のピンはねなどの悪質な行為について厳重に対処してもらえる可能性が高まります。
この際、風俗嬢が真面目な女性できちんと指名が取れているなら、しっかり対処してもらえる可能性が高まります。
風俗店の男性スタッフは風俗店の売上に一切貢献しないのに対して、風俗嬢は風俗店の売上に貢献する存在だからです。

オーナーや店長にとって男性スタッフより風俗嬢の方が大切な存在なので、厳重に対処してもらえる可能性はあります。
風俗だからと言って何も対処してもらえない、と諦める必要はありません。
真面目な風俗嬢の真剣な相談については正しく対処してもらえる可能性もあるので、セクハラ等に悩まされたらまずオーナーや店長に相談してみましょう。

複数の風俗嬢と一緒に交渉する

特定の男性スタッフによる悪質行為が1人の風俗嬢に対してだけではなく、複数の風俗嬢に対して行われているのであれば、同僚風俗嬢と一緒に店長に訴えてみましょう。
団体で交渉すれば、それだけ対処してもらいやすくなります。
特に、風俗店にとって打撃になるのは、複数の風俗嬢が一斉にお店を辞めてしまう事なので、そんな一斉退職を避けるためにも良心的な風俗店であれば、適切な対応をしてくれます。
問題行動を取る男性スタッフの存在が風俗嬢間の共通の悩みとなっているなら、最初に風俗嬢の間で相談してみましょう。

そして、日にちを決めて複数の風俗嬢が一緒に店長やオーナーに直訴すれば良いのです。
1人きりで言い出すのが難しくても、同僚風俗嬢と一緒なら勇気が出るはずです。
男性スタッフとの関係で悩んでいる場合、同じように苦しい思いをしている同僚が側にいるはずです。
同じ苦しみを抱える同僚風俗嬢が側にいないか、探してみましょう。

移籍が最も現実的な対処法

良心的なオーナーや店長が経営する風俗店であれば、真面目な風俗嬢の相談は真剣に取り合ってくれます。
ただ、相談しても、真面目に対策してくれない場合も残念ながらあります。
そんな時には、風俗店の移籍が最も現実的で即効性のある対処法です。

風俗は移籍しやすい業界なので、男性スタッフのせいで居心地が悪いなら、無理して悪質風俗店で働き続ける必要はありません。
移籍先を選ぶ場合、男性スタッフとの関係で悩まずに済む風俗店を選択する必要があります。
男性スタッフとの接触が少ないのは、ホテル接客がメインで店外待機できるデリヘルかホテヘルです。
風俗店への出勤が必要になるのはお給料の受け渡しの時くらいだけなので、ほとんど男性スタッフと顔を合わせずに済み、セクハラの被害に遭うようなことはありません。

基本的に店舗型より派遣型の方が男性スタッフとの接触は少なくて済むので、スタッフとのトラブルを避けたいなら、派遣型風俗店を選択すると良いでしょう。

男性スタッフから言い寄られた場合の対処法

風俗で働いていると、男性スタッフから告白されたり、関係を迫られたりする場合があります。
基本的に、その気がないのなら受け流すのが原則的な対処法です。

相手が信頼できる男性なら、将来を共にする事を考えるのも選択肢としてはありです。
風俗嬢と男性スタッフが組めば、風俗店経営も可能になるからです。
ただ、相手からしつこく言い寄られ女性にその気がないなら、お店を移籍して逃げるのが良い対処法となってきます。

やり過ごすのが無難な方法

風俗で働いていると、男性スタッフから言い寄られる事があります。
風俗嬢なら簡単に身体を許してくれる、と男性スタッフが思い込んでいるからです。
基本的に、女性にその気がないなら男性スタッフの要求についてはやり過ごすのが無難なやり方です。
明確に拒絶したり、嫌悪感を表してしまうと、関係が悪化して風俗勤務が困難になってしまいます。

ただ、相手がしつこく言い寄ってきたり、頻繁に身体を触ってくるようなセクハラ行為をしてくるのであれば、風俗店の移籍を検討しましょう。
男性スタッフはお客さんと異なり、出勤日の度に顔を合わせる関係です。
我慢し続けることには限界があるため、移籍して逃げるしか効果的な対処法はありません。

要求を受け入れて稼ぎにつなげる

男性スタッフから言い寄られた時、割り切る事ができる女性であればその要求を受け入れて稼ぎにつなげる事も可能です。
男性スタッフに身体を許す代わりに、ひいきしてもらえば良いのです。
その男性スタッフが出勤シフトの管理やフリー客の割り振りを行っているのであれば、関係する事で多くのお客さんを回してもらう事ができ、風俗嬢の稼ぎを効果的に増やせます。
ただ、男性スタッフと関係してひいきされるようになると同僚風俗嬢の嫉妬の対象となりやすく、いじめられる危険性もあるため注意が必要です。

風俗嬢と男性スタッフが組めば風俗店を開業できる

男性スタッフと風俗嬢は特殊な関係ですが、真剣な恋仲になる事も十分にあり得ます。
相手の男性スタッフが信用できる誠実な人物であった場合には、将来を共にしても何ら問題ありません。
男性スタッフには風俗店の運営ノウハウがあり、風俗嬢には風俗勤務の経験があります。

二人が組めば、実は風俗店の新規開業ができてしまうのです。
確かに風俗店の開業には多額の資金が必要ですが、風俗嬢であれば風俗勤務の成果を元手に出資できます。
店舗型風俗店を個人で開業するのは非現実的ですが、無店舗型のデリヘルであれば1000万円レベルの資金があれば開業可能です。
男性スタッフと一緒になってデリヘルをオープンすれば、女性を採用して働かせる立場、オーナーの立場となれるのです。

極めて稀な例ですが、男性スタッフと風俗嬢が組めば風俗店の経営も可能になります。
男性スタッフと風俗嬢の結婚というもの、現実的な選択肢としてはありなのです。

まとめ

男性スタッフとの関係に苦労する風俗嬢は多いはずです。

男性スタッフはフリー客を担当する風俗嬢を決定したり、お客さんと風俗嬢がトラブルになった時、間に入って風俗嬢を守ってくれる存在なので、風俗で働くのなら男性スタッフと良好な関係を築かなければなりません。
しかし、男性スタッフの中には粗暴な人もいます。
男性スタッフから嫌がらせやセクハラを受けたなら、店長に相談しましょう。
ただ、いくら相談しても問題が解決しないなら移籍が手っ取り早い対応策です。

そして、男性スタッフから言い寄られるのも厄介な問題です。
風俗勤務に影響がでないようにスルーするのが基本的な対処法ですが、相手が信用できる人物なら将来を共にしても良いでしょう。
風俗嬢と男性スタッフが組めば風俗経営が可能になり、新しい可能性を開けます。

コメント